2011-08-30

Ulala3の思うところ 48

水泳の授業2回目。クロールの腕の回し方、特に左のひじを徹底的に注意して泳ぐ。自分ではクロールのフォームがよくなっているのはわかるし、多分早く泳げるようになったか、一回の進みが大きくなったとおもっていい。なぜなら他の生徒さんがアタシの前で泳いでいると、追い越してしまうペースになっているからだ。本人は早くなったかどうかなんてよくわからないけど、進んでいるみたい。うれしくて、授業の後も練習に気合が入ってしまって、肩がだるい。クロールってこんなに肩に力がはいるのか、と改めて気づく。そりゃー水泳選手、確かに肩がしっかりするわけだよなぁ。


だんながPADIのOPEN WATER資格の習得について、3日では覚えきらない、しっかり覚えるんだ!!と燃えている。普通この3日の講習でみんなとれているから、大丈夫じゃないの?なんていってみたけど、できるわけないだろう、と一蹴された挙句、e-learningもやるぞ、と意気込んでいる。DVDが5時間もあるのだけど、これを一緒に3回はみること、多分もうすぐ届くと思われる英語の教習本をコース開始までに必ず読む、そしてe-learningをやることが今の必修事項である。DVDには5セッション+おまけがあり、1セッション約1時間を見た後は、PADIのドイツ語を持っているだんなが私にDVD内容を質問、これを30分くらいかけてやるので、本を読め、e-learningもだ、なんてそんなに沢山できる時間はないのだが・・。このPADIの本の配送契約がなんだか変わっていて、amazonで買おうと思うと、どこのamazonでも、その国の国内発送しかしてくれない。海外発送を希望するなら、アメリカとかイギリスのオンラインショップでのショッピングをしないといけないみたい。疲れるシステムだ〜

2011-08-27

Ulara3の思うところ The Naked Chef - Jamie Oliver 47

9月は親戚の結婚式が2回あるので、L'lla Diagonalってバルセロナ市内にあるショッピングセンターへプレゼントを買いにいく。規模的にも品揃え的にもちょうどいいので何か買い物、となるととりあえずここにいってしまう。そこの本屋で、前から気になっていたJamie Oliver というイギリスの超人気シェフの本を衝動買いしてしまった。何冊か立ち読みしてみたのだけど、どの本も写真がいいかんじだし、手がそんなにこんでいなくて、時間のかからなそうな料理が多くて、と迷ってしまうが、とりあえず1冊選んだ。


外国人料理家の本としては2冊目。素材がヨーロッパで手に入れやすいものを使っているのが、買う決め手の1つとなっている(だんなとも本の共有もできるし)。買ったのは6冊シリーズの1冊目。全部シリーズでそろえたいって思うくらい、いいレシピ豊富だといいな。


The Naked Chef - Jamie Oliver








2011-08-24

Ulala3の思うところ Krampus 46

先生をつけての泳ぎの練習、初日。30分だけだけど、今日はまずはクロールの形を直してもらう。泳げる人には当たり前なのかもしれないけど、腕の使い方が進むのに重要であることを学ぶ。水の抵抗が一番少ない形で手から水にいれて、腹の前へもってきてかき出すように後ろへ押し出す、みたいなイメージ。これだけで進みの距離がぜんぜん違うなんて、知らんかった~。さらに自分の欠点として、一方の腕が前についたらもう一方の腕を回していることを指摘される。腕を動かすタイミングは、呼吸をする腕が上がった時に、もう一方の腕を動きはじめるように、と教えてもらう。それから、鼻から水中でしっかり息を吐き出すことも、教えてもらう。以上3点、授業のあとにも自分で復習連取。確かに進むの距離が少し長くなったのか、我ながらいいかんじ。良くなったのがわかるのでうれしい。これを体に覚えさせて自然にできるようになればよし。次回のクラスも楽しみだな。


その後、前の会社の同僚アルゼンチン人Mと夕食。今日は彼のおすすめのクレープ屋。閑静な住宅街にある、テラス席が素敵なお店。味は美味しいし、良心的な料金、料理の提供タイミングもフロアでサービスするスタッフの方たちの対応もとても良し、と3拍子ですっかり気に入ってしまった。私が食べたクレープはItaliana、トマトとチーズと、バジルの組み合わせのとても美味しいクレープ。 フレッシュなバジルを粉砕したソースなのがよくわかる。香りがすばらしい。


レストランに行くときはカメラもって行って写真を、と思っているのだけど、いつも忘れる。レストランのことを書くなら、自分でとった写真があったほうが伝えやすいのに。反省。のサイトに素敵な写真がたくさん載っていました。1枚、参考までにお借りします。






このクレープ屋さん、この夏の大ヒットであったタイ料理に続き相当いけている!ラッキーだなぁ、最近こういう新しいお気に入りのレストランに頻繁に行けている。友達のおかげですなぁ。


Crepería Krampus
Calle Saragossa, 89 (Sarria-Sant Gervasi)
Barcelona, Barcelona 08006
España

2011-08-23

Ulala3の思うところ 45

シュノーケリングのコツはなんとなくわかったし、呼吸に関しての不安がなくなったので、しばらく練習はお休み。でも泳ぎをさらにうまくなりたいと思うようになり、練習をしにジムへ。ちょうど言った時間に個別で泳ぎを教えているのを見たので、内容を聞いてみると8-9月は個人への泳ぎのクラスがあるという。5時から30分と20時から30分で、週2回というクラスがあるそうなので、8月だったら5時からのクラスになんとか滑り込めそう。


月単位でなく、時間単位でもチケットを購入できるとのことなので、申し込みを決めた。試し泳ぎをして、泳ぎのフォームの悪いところを指摘してもらって、どこを直せばいいか丁寧に教えてくれ、やる気をつけてくれたので。しかも鼻から水を飲んでしまうので敬遠していた背泳ぎとターンも教えてくれるって。ヤッホー。これで1時間8ユーロは安い気がする。8月は残りすくないけど、いってみようと思う。これだけですでに”水泳が得意です”って言えるようになっている素敵なアタシのイメージを想像してしまった。単純〜!


7月にさんざんお世話になったドイツ語の先生にオススメをもらった文法練習の本、Klipp und Klarをついに購入してみた。先生はドイツ語だけのがいい、ともスペイン語と併記のものがいい、ともなんともいっていなかったので、ドイツ語だけの文法本がかなりの確率で良いのではないかとは思ったのだけど、スペイン語があるものを買ってしまった。 家に帰ってうーんやっぱりドイツ語オンリーの方にするべきだっただろうか、、と思ってページをめくっていたら、乱丁を発見。いいチャンスだし、明日返品がてら、ドイツ語のみに取り替えよう、と心に決める。外国語はその言語で理解することが一番効果的ってスペイン語を勉強してきて、アタシが学んだことだし。9月に自分の夏休みがあってその間はできないけど、この文法練習本を日々のルーティーンに組み込んで10月の授業に備えたい。この文法本もおいおいどんな手応えなのか、水泳日記の更新ではなくこちらが中心になりますように。


Klipp und Klar  




8月の3週間の仕事ひまひまなシーズンは、ドイツ語の本を1-2冊読む、または文法の本を1冊やろうと思っていたのだが、水泳とシュノーケリングの上達のことしか頭になかった。毎日Youtubeで泳ぎ方、ダイビング、シュノーケリングのビデオばっかり見ていたし、見た後のイメトレも忘れなかった。こういうことにはいくらでも時間を割けるあたり、やはり体育会系の血というのは年を重ねても騒ぐことを自覚。。


7-8月でやることにしているドイツ語の単語の暗記は、超ゆっくりだけど、続けている。予定より大幅に送れていますが。。だんなとの会話については、私の発話はほとんどドイツ語にしている。おかげで私からの発言はなんだか決まったことしか言っていない気がするけど。彼はスペイン語で話してくるが、わからなくても間違ってもドイツ語で答える。どうしたってドイツ語でなんと言ったらわからないときは英語で返事。基本、二人の会話ではスペイン語ストライキ中。ドイツ語の全然誤りを直してくれないので、これってドイツ語の練習になっているのか?とイライラする時はドイツ語でしゃべってちょうだい!とお願いしていたが、3秒後くらいには彼のスペイン語に戻るので、最近は疲れてドイツ語で言って、とは頼まなくなった。しかし私のしつこさがそろそろ功を奏してきたのか、何回かに1回はドイツ語で返事が返ってくるようになってきた。いいこっちゃ!あきらめないわよぉ、自分たちの会話をドイツ語に変えるのだ!メラメラ

Ulala3の思うところ 44

海で浮きまで泳げたので、プールで深いところまで沈む練習。1992年のバルセロナオリンピックのときにモンジュイックの丘に設立されたプール、飛び込みもできる深いプールがある、とのことでここで練習。実際は3mくらいの深さのプールだけが一般開放されており、5mのほうは使えなかったのですが。。鼻から息を吐きながら3mくらいまでもぐる。床に着いたら耳抜きして浮上、という練習。調子ええでー。ただこの3m下を潜水して泳ぐというのができない。コツがあるけど、アタシにはまだ難しいというだんなの意見により練習は却下。いつか覚えたいなぁ。 

モンジュイックの公共のプール、眺めがよくてよいかんじ。 6ユーロ弱の入場料。私の行っているジム、DIRの会員じゃない人に対するプールの入場料が15ユーロだからよっぽどいい。お弁当持って家族で来ている人々がけっこういた。


Web Page: Piscina Munincipal de Montjuic 


夕方ネットサーフィンしていたら、今日はすばらしいブログを2つも発見。
世界級ライフスタイルのつくり方、というロンドン在住の方が書いているブログなのですが、大好きなちきりんのブログを思わせる素敵な女性のブログ。あまりにも面白くて、興味深い記事ばかりなので、くいいるように読んでしまい、4時間くらい経過していた。本当にすばらしいと思います、この文章力!!

さらに語学勉強のほうでは、
シンガポールより! 外国語大好きおじさんのブログ 、という語学の勉強をしている人にはとても刺激になるブログを発見。5ヶ国語知識が必要に迫られている(日、英、西、独、仏)環境なのでこういうがんばっている人のブログ大好き。やはり一時期に、1つのことに集中して勉強したほうがいいみたい。よって、必要に迫られている順序のうち、一番プライオリティの低いフランス語は必然的に後回し、という結論がなんとなく正しいってだめ押ししてくれたかんじがした。いずれにせよ、ドイツ語の次にフランス語は頑張ります。




2011-08-20

Ulala3の思うところ Piscolabis Rambla 43

週末がやってきた。だんなの友達のポーランド人男子がバルセロナに遊びに来ている。彼の妹とその彼氏がGavàというバルセロナ郊外に住んでいるで、彼らの家の方のビーチに遊びにいく、兼今週のプールでの練習成果をみるべく、シュノーケリングの練習。今日は浮きのあるところまで行って帰ってこれるか自分自身へのテストの日。200mの距離にある浮きまで往復、400mの距離を泳ぐ。もちろんだんなは私のトレーナー兼いざというときのライフセーバーとして横で一緒に泳ぐ。

今日は先週と違って恐怖感がほとんどない。ある距離を泳いだら、だんなに顔を上げてみて、といわれる。全然気づいていなかったが、浮きがほぼそこにある。おおお嬉しすぎる〜、アタシにもできた。。泳ぎながらなんどか潜水をして底にさわってみようとしていたのだけど、どうりでできないわけだ。深いところまで来てしまった、と改めて感じるのだけど、全然怖くなかったのが収穫。

ここでしばし立ち泳ぎの練習。実は立ち泳ぎをよくわかっていなかったので、ちょっぴり焦ったが、思ったより簡単にできた。これもプールで泳ぎまくった成果やん〜、と嬉しくなる。少し進んで浮きに触って、帰途につくことに。ここでクラゲに3,4匹を見てしまい、パニックになっていたが、早くクラゲから逃れようと必死に泳いだのでけっこう早く岸までついてしまった。岸に近くなってくるとくらげを見ることはなかったけど、これは怖かった。今日の成果で足のつかないところで泳ぐことに対する恐怖心とはさらば、ダイビングのコースにどうどうと申し込める!今日できなかったら、ダイビングの申し込みを見合わせようと思っていたので我ながら非常に嬉しい成果。るんるん。


その後は彼らの住む建物の敷地へ移動。ビーチから1分の距離にあって、敷地内にプールがある。松の木に囲まれた素敵な居住エリア。


半分くらいは実際に人が住んでいて、もう半分は夏だけ利用とかレンタルしたり、とかセカンドハウス的に利用にしている人が多いそうだ。街にくりだす生活でもないので、バルセロナ市内じゃなくても全然問題なし、っていっていたけど、それってアタシたち夫妻の生活そのもの。ちなみに気になる彼らのピソは78m2、サロン、食堂、バスルーム、部屋が2つで家賃1000ユーロだそう。今アタシたちの住んでいるところと大きさ的には変わらない。家賃は彼らの方が高いけど、この環境(プールつき)とビーチからの距離なら、そのくらいでもわからないでもない。安全面では問題ないとのこと。以前Gavàの駅でバッグを盗まれたので、あまりいい印象がなかったのだけど、このエリア、すっかり気に入ってしまった。ビーチはバルセロネータみたいにごった返しておらず、もの売りもいないし、人ものんびりしているので、盗難の心配少くてよかったし、Castlledefelsよりバルセロナに近いし、次回引っ越しするとしたらこの辺でピソを探したい。


この友達の妹のポーランド人の彼氏はドイツ人。とても素敵なカップルで、二人の会話は英語だそう。彼女はドイツ語ができて、彼の家族とは問題なくドイツ語でコミュニケーションとれるというのに。彼はポーランド語についてはあきらめていて、勉強したいとも思っていないらしい。二人ともすっごぉぉく英語が上手なのでいいのかもしれないけど、アタシはどっちかの母国語でコミュニケーションしたいっていう思いが強いので、なんでドイツ語じゃないんだろうって不思議な気持ちになってしまう。あ、でも彼女がいざとなったらドイツ語だけにスイッチすることもできるからいいのか。いいなぁ、そんな選択肢を持てるなんて。


夜はPiscolabisというバルセロナのレストランチェーン、An grupoのタパスバルでお食事。町の中心から近いバルだとCiudad Condalになんとなく行っていたけど、こっちのほうがいいかも。何がいいってタパスの味とパンコントマテのパンの素材がもちもちしていてよかったこと。お値段も場所的に見ると妥当だし、印象は良し。お店が大きいので、となりのテーブルとのスペースがけっこうあって、人の声も気にならず、落ち着いて楽しいお食事会となった。アレンジありがと、Aさん!

Piscolabis Rambla
Rambla de Catalunya, 27 (Barcelona)
Tel: 933 069 669

2011-08-19

Ulala3の思うところ 42

会社ランチあり。同世代の日本人、長くバルセロナに住んでここに根付いている方達なので、仕事ランチというかんじでもなく、普通におしゃべりできて楽しい。一人はバルセロナの郊外、私が住みやすそうだと勝手に好印象を持っている町の一つ、Castlledefelsに住んでいるそうで、興味津々。その人は一度もバルセロナ市内に住んでいたことがないそうなので、住み易さは比べられないみたいだけど、なんだか住みやすそうに聞こえてしまう。郊外に憧れる私としては、またゆっくりお話を聞きたいと思う。自分は生涯都会で生活していたい、と思っていたけど、考えは変わるもので、田舎暮らしに非常に魅力を感じるようになってきている。今年、引っ越しをしたばかりだから当面はないだろうけど、次回スペインで引っ越しをするとしたら、バルセロナ郊外にしない?、といってみたら、だんなも全く同意見だったのでなんとなくうれしい。 

夕方はお茶会。北京出身の女子と盛り上がる。彼女はバルセロナ商工会議所の主催するマスターコースSE-ABRE のテスト会場であった。結局彼女と一緒に勉強をする機会はなかったのだけど、以来なんとなく不定期にあってはお茶したり食事したりのつきあいで、もう5年くらい、よい友達になっている。いつも中国の社会事情の興味深い話、中国人はそう考えていたのか!と気づかされる意見を聞いて楽しむのだけど、今回はそれにもまして、彼女の仕事にたいする考え方が面白かった。最近2年くらい働いていた会社をスパッとやめて、年内はゆっくりした生活をすることにするという。夜中に中国に電話をかけたりすることもあるのに、定時に会社に行くことを強要されるのがいやだ、自分で自分に異常なプレッシャーをかけすぎるので、眠れなくなり精神的に不安定になることが多くて疲れた、給料がみあっていない、というのが辞めた理由。仕事がみつかるかどうかわからない、という不安はないみたいで、自分のやりたい仕事スタイルで仕事をさせてもらえなかったらすぐやめる、という潔さ。この力強さや余裕、私には全く足りない部分なのでエネルギーをもらったかんじ。ありがとう、Yちゃん。

2011-08-18

Ulala3の思うところ 41

今日はシュノーケリングの練習の後は、冷蔵庫の野菜、果物整理。大きすぎるメロン、半分を使ってシャーベットをつくる。生クリームを使った、大好きな有元葉子さんのレシピ。ちょっとシャービック(懐かしい〜)を思い出させて、おいし〜。彼女の家族のごはん作り1と2、は何度も読み返している料理本で、我が家の食卓に上る回数の多いレシピ多数。このシャーベットはシリーズ2の正しい冷凍方法、作りおき編にある。本当に彼女の本はセンスがよくて、しかも超実用的で重宝です。いつもお世話になり、ありがとうございます〜。


家族のごはん作り2:  正しい冷凍方法、作りおき編




だんなは横で今日の夕飯、クレープを作る。小麦粉ではなく、そば粉を使ったクレープの粉がフランスにあり、これが美味しい。このそば色の黒っぽい粉でクレープを作るのが最高とのことで、フランスからわざわざ5箱も持ってきていた。確かにふつうのハムとチーズをはさんだだけのクレープなのに、生地が美味しいので、クレープが美味しい。フランスのスーパーで普通に売っているこの↓の箱のクレープの粉、要チェック。。甘いクレープ用の粉はまた別であり。


2011-08-17

Ulala3の思うところ The 4-Hour Work Week 40

最近の日記は夏の水泳記録状態になりつつあるけども、今日もこりずに練習記録。私はスキューバダイビングのライセンスをとるのだ!!を合い言葉に、今日も恐怖心克服のためのプール通い。もちろんシュノーケリングの練習。今日は足ひれをつけて最初からほとんど潜水練習。自分が何に対して怖いと思うのかをじっくり考え、それに対して一つずつ対応策を考えていくのが一番の近道みたい。自分がこわいと思うのは、鼻から塩水がはいるんじゃないかという不安と、息をすったら水が入ってくるんじゃないかという恐怖感。この2点を取り払うことに集中。45分集中してやってみたら、けっこう怖くなくなってきた。あと数回プールで練習すれば、足がつかない海であってもいけそうな気がする。明日も練習だぁ〜。


夏の課題図書3冊目、Timothy FerrissさんのThe 4-Hour Work Weekを読み始める 。ドイツにいる知り合いに持ってきてもらったのだけども、週に4時間だけ働いてお金持ちになる、という調子のいいコピーがついているので、そんなことがあるわけない、読むだけ無駄と持ってきてもらった人に言われてしまった本。読後その人になんて私の感想を伝えられるかなー。


日本語訳(タイトル:なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?)もでているけども、アマゾン日本の評価を見ると訳がいまいち、中途半端、など訳への評価がとても低い。一方原書は評価の高いコメントが多く、amazon USや、ヨーロッパのUKとDEでも5つ星が多い。アマゾン日本のコメントのいくつかに、日本ではできないことが多い、とあるけど、私は日本に住んでいないので、それじゃーますますもってやれそうなことがあるかも?と期待しています。

The 4-Hour Workweek -  Timothy Ferris





2011-08-15

Ulala3の思うところ The Art of Non-Conformity 39

ようやくこの夏の課題本2冊目、 "The Art of Non-Conformity: Set Your Own Rules, Live the Life You Want and Change the World"を読み終わった。もう何回かこの本の話は日記に登場しているけど、その前に読んだ The power of LESSに負けない、本当にいい本だった。2冊続けて納得できる本にあえてラッキーだな。今年読む、最高の本になるかも。


自分が価値を置く生活を真剣に楽しみ、彼のような型や慣例に従わない生活をする人をサポートしたい、という著者の気持ちがとてもよく伝わってきた。彼のいうunconventional lifeの実現のために、不必要なことをいかに意識的にとり除くか、ものではなく豊かな経験につながる自分への投資をすること、罪につながるようなことではなく、感謝へつながるような他の人のための投資をすることが正しい貯蓄プラン、など主張を彼の経験からうまく展開している。


こういう生活に興味ない人はいるはずだけど、私の心にはヒットしたし、現実にしたい話。自分の勤めている会社の人間関係はいいし、上司は理解があるし、働きやすい環境で、毎月暮らせるだけのお給料をもらえている文句のない身分ではあるけど、会社に属さない働き方に憧れている。自分のために、世界をよくするために、働きたいと思う。その一歩をまだ踏み出せていない自分ですが、今日を真剣に生きる、全ては未来のために、っていう著者の考えに大賛成です。


2011-08-14

Ulala3の思うところ 38

この連休は夕方3時間程度とはいえばっちり2日夏の太陽を浴び、体はややお疲れモード。シュノーケリング練習にあたりだんなにつきあってもらいたかったが、仕事をしたい、というので一人いつものジムのプールで練習。足をつけないよう、壁にもさわらずもぐってターンするよう意識して泳いでいたが、下手。水を2回は飲んだし、マスククリアしても鼻から水がはいってくるし、、と今日の成果はいまいちかな〜。潜水が少しだけ長い距離できるようになったけど、チューブで呼吸がいまいち。もぐって上昇したら、まずは息をすうより、はくことが最初、そうすると息もラクだし、間違って水を飲むこともないし、気持ちが落ち着くってようやく理解した。(遅い!)まだ練習はつづけるけど、うまくなるんかなぁ。先が遠く感じてしまう。

この連休中はスクーターでビーチに通ったのだけど、久々に盗難にあいました。スクータ−の右の鏡、1つ。きれいにねじをまわしてとっているので、新しいのを買えばいいだけなんだけど、あーあ、やられてしまった、と力がぬけてしまう。最近平和ぼけしていたけど、盗難件数は世界1位の町だったことを思い出す。周りを見渡してみると、自分のスクーターだけでなく、他にも鏡が1つだけ盗まれているスクーターが沢山ある!!30台ぐらいあるうち、10台くらいは被害受けていた。ぱっと見にはなんだかわかりにくい状況なのだけど、鏡だけ集中してみていると明らかに盗まれたのがわかる。警察にとりあえず報告だ、と思っていくつか他の駐車場に探しに行くんだけど、そこでも同じような状況。誰かが楽しみのためにやっているとしか思えない。警察には結局会えなかったので、帰宅するのだけど、鏡を1つだけ盗まれたスクーターのあることあること!みんなやられてるなー、というかんじでした。うちの近所の駐輪場所にも鏡が1つだけ盗まれているスクーターがあること!これって何ー? 

2011-08-13

Ulala3の思うところ 37

月曜日8月15日が祭日なので、3連休中のスペイン。夏が戻ってきているので、海からの誘惑が高まっています。こうなるともうだめ、家にいるのがつらい。いろいろやらないとね、と思っていることはあるけど家の中にいられないので、シュノーケリングの練習!プールとは違う水の開放感がある。ビーチで昼寝はやっぱり気持ちいい。 ヨーロッパの人のようにむちゃな日焼けはしないけど、夕方少しずつ日焼け。体が太陽のエネルギーをたっぷりすってプラスのエネルギー補充がされている気がする。


初めてのシュノーケリングの練習開始。呼吸はなんとかできるけど、チューブを加えていられないのと、どーにもこーにも心配になってしまうので、とりあえず足がつくか、つかないかのぎりぎりのところのみで練習。水中にしっかり潜った後に水を吐き出したり、チューブに残ってしまった水を吐き出す方法を練習。5分くらいは浮いたり泳いだりしていられるけど、それ以上になると自分の方向が気になってしまって、顔をあげたくなってしまう。この手の心配をなくして恐怖感をもたないこと、パニックに陥らないことが何よりも大切らしいけど、どう克服すればいいのだろう。。だんながパニクっても僕が助けれるから大丈夫、といって練習のために私を沖につれていこうとするのだけど、全然だめ。何がダメって足がつかないところにいきたくないのだ。足がつかないところに行く、と思うだけで半分パニック。それじゃー、ダメじゃん。(泣)

ビーチから見える黄色の浮きがあるのだけど、それがちょうど浜から200mの距離。そこまで往復が目標、ってしてみたけどそんなのできるんだろうか。もう少し頑張ってみるけど、ダメだったらスキューバダイビング以外の他のプランを考えた方がよさそう。。しっかしスキューバの英語の本をわざわざ買って資格をとる気まんまんだったわけで、1ヶ月くらいかけて1000mを泳げるようになったんだし、ここで弱気になってはもったいないのだ。ふぁいとぉ、ulala3! しばらく体や気持ちが慣れて、水の中でリラックスできるよう続けてやる、しかないのだ。

だんなが夕食にパエーリャを作ってくれた。島育ち(しかも小笠原諸島)なのに全然海になじめてないアタシを慰めてくれる。まだまだ自分の味や分量を探し中、研究途上のパエーリャとはいえ、今日も美味しい。ありがとう〜。


2011-08-12

Ulala3の思うところ 36

プールに足しげく通っている成果が着々とでてきました。もう1000mだったら2,3回足をついてしまうけど無理なく泳げる。ランナーズハイならぬスイマーズハイってあるなぁ、と思う。いつもイメトレでお世話になっているJimmy DSheaのサイトもずいぶん頭にイメージができて泳ぐときにそれっぽくなってきているような気がするし。今後の課題はシュノーケリングの練習と耳抜き。


友達の引っ越しのお手伝い。家具つきの一人暮らし用フラットにいたにもかかわらず、荷物の量が多い。これでももう一部は車で運び出していた、というから驚き!2時間半程度ですんだとはいえ、1000m泳いだ後に引っ越し手伝いをしたら腰がいたい〜。いかなくてよかったよなぁ、ジム。彼女の引っ越し先の近所のメキシカンで夕食をごちになってしまった。コロナが体によく浸透した。そのときに引っ越しのお手伝いにきていた人にシュノーケリングの海での練習をすすめられ、海での練習を開始することを決意。確かにそうだよなー、足がつけない感覚ってわかんないもん。海に通って練習だぁ〜!

2011-08-10

Ulala3の思うところ 35

しばらく実家に帰っていただんながバルセロナに戻ってきました。うれしー。フランスのにんにくは大きくて好きなんだよね、といってにんにくの頭を(かけらでなく)4個ほど持ってきてくれたのだけど、一緒に持ってきたスーツがにんにく臭がついて大変なことになっていた。






たしかに大きくてしっかりしていて頼もしい!(写真右の小さいのが近所の八百屋でかったにんにく)比べるとわかるこの違い。これぞ自然の恵みだぁ。


ちょうど同じ日に、彼の友達がバルセロナに着き、一緒に食事をしようとさそってくれる。例のパーティ好きなモテ男君。ホントよく来るよなー、バルセロナ。これだけ来るなら住んでもいいんじゃないかと思うが。。今回夕食で行ったのは、Cervecería Catalanaというバル兼レストラン。超有名店で、予約は受け付けないのでいつも行列。人がはみ出ている。それでも店内のキャパが大きいのと、テラス席があるので、待ったのは15分くらいかな?そこそこにおいしくて不合格ではなかったけども、私はCiutat Comdal、もしくはPaco Melargoの方が好きだなー。パンコントマテがダメなのと(これはCiutat Comdalも一緒だけど)、オムレツがいまいちだったからなんだけど。あ、でも蛍いかの揚げ物とマテ貝はとってもよかったです。うちのだんなはカニマヨのMontaditosが大好きで、これだけものすごくリピートしていた。そのわりに、彼としてはSAGARDIのカニのMontaditosのほうが好きなんだそうです。ウェイターさんも笑っちゃうくらい頼んでたのにね。ぷぷぷ。かわいー 写真、またインターネットお借りしてますが、これがだんなが頼みまくってた一品です。








Cervecería Catalana
C/Mallorca 236, 08013 Barcelona
tel: 932 160 368


一緒に食事したのは、モテ男君が泊まっているホテルの隣の部屋のデンマーク人姉妹。どっちも美人でかんじがいい。それから彼のお友達のフランス人2名とバルセロナ在住のメキシコ人男子。丁抹人女子の一人が(こんな漢字書くのかぁ!)夜幽霊を見た、といっていた。やっぱ万国共通、見る人は見るのかねー、なんて思った。


2011-08-08

Ulala3の思うところ 34

ちょっと"日刊うらら"ってタイトルあきてきちゃったので、タイトル変えてみました。Ulara3の思うところ、としよう。これで日刊の呪縛はナシ(笑)


さすがスペインの8月。仕事がのんびりモードになってきました。ほぼ一人体制のオフィス。ひまひまなのでネットサーフィンをがんがんしてました。あれ、いいのそれで?状態。でも本当にみんな休暇中で、ものごとを勧めたくても連絡したい人がいないっちゅーの。。


その時間を使ってブログの書き方について、ネットで集中的に読んでみた。いつもながらその道を極めようとして情報を探すと、自分より前に思いつく先人は本当にたくさんいるんだよなぁ、と思う。今日読んだ記事によると、ブロガーに必要なのは表現力(内容の面白さ)と営業力(地道な作業の継続)、だそうです。その2つが難しいからみんな続かないんだろうな、と思います。自分で書きたい方向がみえてきて、その事象にたいして書きたいことはたくさんあるので、ある一定の方向にはなりそうだけど。しぼって、ターゲットずれずに書き続けていけるものなのかな。。やりたいと思ったらすぐ始める、ことが得意な私の身の軽さを忘れずに、近いうちはじめてみようかとおもう。そして不得手な継続、続く方法を模索だなー。どこのブログがいいんだろう。


今日のプールは600m、しかも20分くらいで泳げました。30分泳ぐことにしているのだけど、今日はわりといっきに泳げたので600mで即終了!25mを12往復したのだけど、途中足をついてしまったのは3回くらいだった。満足して泳げたって感じがする日だった。イメトレの成果もあったのか、クロールがけっこうスイスイ泳げていた気がする。平泳ぎはまだまだなんだけど。ちょっと一歩踏み出したかんじがしてます、頑張ったアタシ!!

2011-08-07

日刊うらら 平泳ぎのコツ 33

最近の楽しみはプールで適度に泳いで、日光浴兼読書をしてリラックスすること。とても大切な時間になっている。週末はのジムは入場料15セント、しかもプールはほぼ貸し切り状態、とくれば快適そのもの。泳ぎはもっぱらクロールと平泳ぎのコンビネーションで25mプールを足をつかないで4-5往復、そのあと足をつきながら5往復くらいし、合計10往復が1日の目標。少しずつのばして、ゆくゆくは20往復、1km泳げるようになれればいいな、と思っている。ひとまず200m−250mは足をつかずに泳いでいることになるので、スキューバダイビングのライセンスのための泳ぎのテストはなんとかなるのではないかと思っているけど。
平泳ぎのイメージトレーニングには、下記の2つが今のイメージトレーニングのビデオ。

平泳ぎのコツ


How to Swim Breaststroke by JimmyDShea




上のは音声がないのだけど、とてもきれいなフォームなので泳ぎをみているだけでいいイメージができてくる。下の方は解説付き。この人もきれいなフォーム。

日光浴のお供にしているのは引き続きThe Art of Non Conformity。今日読んだところに大学に行く経験の代わりに自主的にやれること、というリストがあった。彼が実際に払った大学費用3万2千ドルと比較して、かかる費用は1万ドル、もしくはそれ以下と算出している。


1.エコノミストの購読
2.世界一周飛行機チケット購入、もしくはマイレージを使って世界の有名な地域に行く。アフリカやアジアを含む。
3.世界の有名な宗教の基礎テキストを読む。新約聖書、コーラン、仏陀の教えなど。教会、モスク、シナゴーグや寺を訪れる。
4.語学学習のポッドキャストを購読し、20分のエピソードを聞く。週に5回、1年を通してずっとt。1週間に一度ローカルの語学サークルに行ってみる。
5.その年の間に3つの新しいスキルを身につける。写真、スカイダイビング、コンピュータープログラミング、武術など。エキスパートになるのではなく、機能するのに十分であることが目標。
6.ノンフィクションの本を30冊、古典小説を20冊読む。
7.ジムに加入し、運動。勉強の促進を図る
8.基本的プレゼンテーションや人前で話すことに慣れること。
9.ブログをスタートし、基本のpostingの日を決めること。助言→毎日かこうとしないこと。週刊、もしくは2週間に1度のスケジュールでしばらくは続け、3ヶ月経ってもそのペースがちょうど良ければペースアップする。

などなど自分への投資をかねて、常に独立した学習の継続は必須。なんとなくできそうなのが3,4,6,8,9かな。5もそうだけど、私の場合、語学学習への比重が高いので、他までやったら手が回らなそう。今は減らすことに重きをおいているので、増やすことは非常に難しいのだけど、自己投資をやめない方法として参考になる。

ブログについては、今書いている、これが毎日の日記でブログだ!と思ったけど、書いているのはとりとめのない日記だけだと思う。オチがないし(関西人じゃないけどオチが気になるんです、最近)、Chrisさんがいうところの世界を変えるような発信じゃないと思うので。なので、ブログを別で再検討だなぁ。いずれにせよ、毎日の日記的なのじゃなくて、テーマを決めて書きたいところだけど、どうしようかなぁ。

The Art of Non Conformity




2011-08-06

日刊うらら Bangkok Cafe 32

ようやく暑くなってきました。夏が戻ってきてうれしい〜。問題はバナナが茶色くなるのが早いこと。近所の八百屋もバナナばっかりはどうにもならないようで、いつも安売りしている。安売りなのでついつい私も多めに買うのだが、やはり4-5日もたつともうでろでろしちゃってそのまま食べるがつらくなる。今日はそんなバナナをなんとかしようとバナナケーキを作成。ケーキの方が私の持っている型より小さいレシピだったので、平べったいかんじになってしまったが、味はグー。クックパッドのレシピ、いっつもお世話になっています。
友人何人かとタイ料理へ。ここはバルセロナでダントツ一押しタイ料理!!といっていたのだが、本当にそうだと思う。冷房はなくて、たまにそよそよ吹く風が店内に入ってくるだけ。夏の暑い日に自然の風のなかで辛い食べ物を食べる。汗がじわっとでていて気持ちがいい。タイの屋台で食べているかんじがしちゃう。店員さんも優しいし、かわいいし、お料理は辛くて美味しいし、いいわー。2回交代制で、予約なしだったら入れないのじゃないのかな。今日は2回転とも全部満席。

写真はトリップアドバイザーからお借りしました。


Bangkok Cafe
C/Evarist Amús 65
08014 Barcelona
933 393 269

2011-08-04

日刊うらら 31

購読しているメールマガジンに、致知出版社の「人間力メルマガ」というのがあります。今回、これまで発行してきた人間力メルマガ約1000本の中から、26本を編集長が選び抜いて、”一流たちの金言”として単行本化されたそうです。このメルマガを読むのが毎日楽しみなので(腑におちる話や心の洗われる話が多くて)この本、興味あり。ぜひ読みたい一冊!!


一流たちの金言




この本にも含まれているメルマガの話なのですが、ダイワハウス工業の樋口武男会長の考える「成功する人の12カ条」、「失敗する人の12カ条」、というのは、とても賛同する方が多く、いろいろなところで話題になっていたそうです。私も今日知って、とっても納得してしまったのでこちらに記載させていただきます。自分が成功する人の12ヵ条に全て当てはまり、失敗する人の12ヵ条を全て消せるように切磋琢磨していきたいと思います。


ダイワハウス工業の樋口武男会長の考える「成功する人の12カ条」、「失敗する人の12カ条」


●成功する人の12カ条
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1 人間的成長を求め続ける
2 自信と誇りを持つ
3 常に明確な目標を指向
4 他人の幸福に役立ちたい
5 良い自己訓練を習慣化
6 失敗も成功につなげる
7 今ここに100%全力投球
8 自己投資を続ける
9 何事も信じ行動する
10 時間を有効に活用
11 できる方法を考える
12 可能性に挑戦しつづける
…………………………………………………………………………


●失敗する人の12カ条
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1 現状に甘え逃げる
2 愚痴っぽく言い訳ばかり
3 目標が漠然としている
4 自分が傷つくことは回避
5 気まぐれで場当たり的
6 失敗を恐れて何もしない
7 どんどん先延ばしにする
8 途中で投げ出す
9 不信感で行動できず
10 時間を主体的に創らない
11 できない理由が先に出る
12 不可能だ無理だと考える


いい内容ですよね。ありがとうございます!!


日光浴がしたくなったので屋内プールで泳いだ後、屋外に出てデッキチェアで寝転ぶのだが10分くらいで太陽がすべて建物に隠れてしまい、なんだか日光浴にならなかった。やはり街の建物と建物の間にある場所で日を浴びようと思ったら、日照時間チェックしないとだよなぁ。影になったら私以外の人は全員中に入ってしまい、誰もでてこなくなったのが笑える。みんな日焼けしか興味がないんだなぁ。最近行ってるDIR Avenida de Madridのプールのテラスは午前中から多分18時くらいまでしか日があたらないと勉強しました。

2011-08-01

日刊うらら 30

今回でようやく記念すべき30!でも最近2,3日あいてしまって日刊にはならなかったなぁ。腰痛の体調不良で書くってかんじではなかったのだけど。こう思うと、メルマガとか休むことなく定期的に発行している人にものすごい敬意を覚えます。


低反発のベッドを使い始めて1週間。なんだか腰が痛いし、首も痛いしよく眠れない。このだるさが日中も続き、夜になると寝たいのだけどベットの調子が悪くてうまくねれない。昨日はあきらめて、低反発じゃない客間にあるベッドでねてみたのだけど、腰の痛みがとれません。頭が痛くなってアスピリンをずっと飲んでいる始末。日中普通に座っているのがつらくって、腰のストレッチのため、椅子の上で正座したり、立て膝になっています。それってどうなの、って姿勢ですがうちのオフィスはそのへん相当どうでもいいので、気にせず家のようにリラックスして仕事しています。


あまりの疲労で昼寝(夕寝?)を低反発ベッドの上でしてみたけど、今回はよく眠れた。腰が痛くて寝ていられないってかんじはまるでなかった。よっぽど疲れていたのだろうけど、ググってみると、最初は好転反応とかいって腰の痛みがでることがあるらしい。で、その後慣れるみたい。会社の同僚の子も低反発のベッドに最初慣れなかったけど、今はもう慣れた、と言っていたし、この痛み、慣れの問題だといいのだけど。


結婚できないことがコンプレックスになっている友人がいるので、誰かいい人紹介してくれないでしょうか、って話を友達からもらった。仕事ができすぎて男がついていけない、とか。私はあまり賢くないせいか、どこの新しい環境にいっても自分より頭のいい刺激的な人に沢山会えている気がしてる。今いる環境でいい人がいない、でも出会いが欲しい、と本気で思っているなら、全く違う新しいところに自分の身を動かして、今ある環境を変えないとだめだと思う。そういうことを目標にした訳ではないけど、日本にいたらできなかったような出会いや経験を沢山できたので、スペインに来たことに後悔はなし。言葉もできない外国人から始めて、お金も友人も最初はなかったけど、自分の新しい世界を少しずつ築けてこれたので、やればできるという自信があるのかも。最近の自分が少しまた安定思考になってきているので、自分の世界を変えていく方向で動かないと!