2011-07-10

日刊うらら 10

スキューバーダイビングのコースを探しています。コースをやるにあたり、基本の1つとして最低限200mは泳げないといけないらしい(最初にテストあり)。足ひれと酸素ボンベをつけてればあんまり泳げなくても泳げたりするものなのかな、なんて思っていたがそういうことではないらしい。とりあえず50mが怪しいアタシはかなりまずい。まだ2ヶ月ほど時間があるので泳ぎの特訓を急遽いれねばならぬ。思ったが吉日、しかも暑い、というとで、今日はエアロビをやめてプール。水泳の特訓や。しっかし日曜日のプールは完全に子連れの遊び場と化しており、どこにもまじめに泳ぐだけのレーンはない。人をさけてがんばって泳いで、結局今日は500mくらいは泳いだかな。足を何回もついたし、休憩が50m泳ぐたびに入ったけど。ちょっとジムを行く回数を増やして水泳の時間を増やさなければ。。


今日プールサイドで人間ウォッチングをしながら思ったのは、肥満児が増えいてるってこと。なんだか腹をぶるぶるさせている子供が、去年より明らかに多い。たまたまかもしれないけど、アメリカに代表される病的な肥満の大人も何人かみたし、ちゃくちゃくと子供も大人も悪い意味でアメリカナイズされてるなー、とおもった。家に帰ってググったら、なーんと45%の6歳から9歳のスペイン人の子供は太り気味、もしくは肥満という記事を発見。EU内でも上位をいく肥満児大国らしい。ええええ、そんなデブ大国だったん!親がデブだと間違いなく子供も食生活が同じになるので、デブになるって話。確かに野菜嫌いの人多いし、肉やジャンクフードばっかり食べてる人多いし。ふーむ、人のふりみて我がふり直せ、アタシの場合ビール腹気をつけまーす。

0 件のコメント:

コメントを投稿