2011-07-17

日刊うらら バロセロナ中華 Sabroso 18

熱心にプールに通っています。週に3-4回ペース。30分くらいアタシなりに必死に泳いで(足を折り返しのときにつくときもあるし、小休止もはいるけど)1500mくらいは泳げるようになった。すごーいアタシ!!平泳ぎは頭を水につけないと前に進まないので、頭をだしたまま平泳ぎして進む方法を研究するのが今後の課題。


それにしてもいいわぁ、このスポーツ。一人で行きたいときにジムに行って勝手に始めれるし、荷物が軽くてすむのが何よりいい。今は30分だけ泳ぐと決めているので、その後のシャワーいれても1時間でジムからでれるのも、時間効率がいい。運動はしばらくエアロビ中心の生活だったけど、水泳に切り替えよっかな。
今日の泳ぎ集中レーンはなんだかすごかった。2人いたのだが、一人は足の間にスポンジをはさんで、足をばたばたさせず、腕だけクロールですいすい泳いでいたし、一人は足におもりをつけてずっと平泳ぎで泳いでいた。もちろん私よりずっと早いペース、彼らは立ち止まることはなかった。あんなんになるにはどのくらい泳がないといけないんだろ?


プールの後、今日は(も?)夕食作るのがだるいので中華の出前決定。この新たに引っ越してきたエリアは中華の出前の数が複数あるので、ピザなんかよりよっぽどうれしい。本日はSABROSOって美味しいって意味のレストランにオーダーしてみる。なぜかここも焼き餃子がない。なんでなんだー!シュウマイはあるのに。焼き餃子って普通かと思っていたが、違うのかなぁ?ニラレバって指差し中国語にのっていたカタカナを言って注文してみたけど、通じなかったなぁ。
評価は、先日だんなが買ってきた最寄りの中華より断然上。全然脂っぽくないのが何よりもいいし、味も上品。実際、私の中のバルセロナの中華ランキングにおいても、お値段と味と考えたコストパフォーマンス度の点から、なかなかいい線に食い込むレベルの高さ。とりあえずググってみたら、なんと中華でベジタリアンレストランだそう。"pato"vegetalって"鴨肉"ベジタリアン向け、ってかんじでしょうか、これはどうやらセイタンらしいし。確かに麻婆豆腐には豆腐が多くてひき肉がなかった。最近肉に弱くなってきており、ベジタリアンな食生活が悪くないと思っている私には相当朗報。肉少なめ大歓迎!!ベジタリアンのフォーラムでは、レストランの外見は古めかしくていまいちらしいが、味やサービスについては良いコメントが多いのがいい。ここ好きだな、リビート決定。

0 件のコメント:

コメントを投稿