2011-07-26

日刊うらら 低反発マットレスを買ってみる 25

スクーターのシートの部分があかなくなってしまった。あーあ、バイク屋に持っていかなきゃなぁ、と思っていたら会社のモロッコ人の同僚が直してくれるという。ホントかなー、なんて最初は半信半疑だった私、すみません。すばらしい早さでしっかり直してもらいました。スクーターを今まで見たことのないようなドライバーをつかってサクサク分解し、問題部分を発見。壊れていた部品の役目はバネを1本追加して調整することでなんとかなることを発見すると、バネとってくるからってオフィスに戻る。オフィスにあんの?と思っていたら、持ってきたのはホッチキス。これを分解してちょうどいいサイズのバネをとりだして、一時しのぎ、としてうまくはめてくれ、しっかり修理完了。バイク分解、問題発見、修理、バイク原型に戻す、までトータル1時間弱。この行動力、バネを使えば直せそうという発想、代用品になりそうなものをすぐに思いつく能力(あるもので即解決)、技術力、どれをとってもすばらしい。彼のサバイバルで生きる能力は非常に高い。なんだか改めて男の人ってかんじでした。かっこよかったなぁ〜。初めてスクーター分解の助手をやりながら、バイクの中身をみたわけだけど、初めて見れたのでとてもよい経験でした。こういう部品でバイクは動いているのねぇ、なんて今頃わかった。


最近寝て朝起きると腰が痛いことが多く、だんなはベッドのせいで背中の神経がおかしい、というし、新しいベッドマットレスを買うことにした。買った翌日に届くサービス、古いマットレスは無料で引き取り、という近所の顔なじみの家族経営のマットレス屋を訪問。ここには大阪のおばちゃんもびっくりのスペインのおばちゃんがいて、彼女がスーパーセールスウーマン。話に勢いがあって楽しい。いくつか試してGemarcoというブランドのMod.DuosenseというViscoelasticoの彼女の一押しにする。日本語Viscoelasticoなんていうのかなぁ、と思っていたら低反発マットレスっていうのですね。”引っ越しするときに、私たちが買うマットレスは置いていきたくないけど、別のマットレスを置いてでていかないとだめなんだけどどうしよう”、って相談したら、”引っ越しする2,3週間前に連絡くれればそのときにある古いマットレスあげるわよ、カバーかけときゃ大丈夫だって”、との一言でここで買う決心がつく。大家にも念のため確認してみるけど、出て行くときとりあえず普通に同じサイズのマットレスがあればいいらしい。この適当具合がこの国のいいところだよなーといつも思う。で、購入っす!


だんなの愛する実家の犬が今日他界してしまいました。享年20歳。実際に18年も一緒にいた犬だったので、さみしくてさみしくて涙がとまらないようです。この犬とだんなの間にあった相互の愛情は誰も邪魔ができないものがあって、嫁のアタシでさえ感心するほどであったので、これはとても悲しい話。人生の一部だとわかっているから、大丈夫だよ、って言うけど今日は本当にがっくりしている。早く元気になりますように。犬もきっと天国で幸せにしてるよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿