2011-09-21

ハワイ旅行記 2- オアフ島東海岸ドライブ 57

ハワイの朝は早い。ちょうどスペインとハワイの時差は12時間なので、初日からしっかり早起きができて、ホテルの7時の朝食開始時間から、8時前にはホテルを出発。

外に出ると、すでにワイキキのビーチではジョギングする人、サーフィンする人を沢山みかける。大半が観光客なんだろうけど、健康的でいいかんじ。レンタルサーフショップの人に聞いたら、6時営業開始だという。一般的に会社の開始時間も7時半や8時だそうで、アメリカ本土との時差をうめるべく早めている、とのこと。


お子様ボーダーも沢山いました。海に走り出す姿がきまってる。



今回の旅行の目的はいくつかあるのだけど、そのうちの一つがスキューバダイビングのPADI OPEN WATERのライセンスを取ること。ただコースを始められるのが飛行機を降りてから24時間後からなので(気圧の関係)初日はレンタカーでオアフ島の東をまわることに。


ワイキキ出発、まずは写真の奥に見えるのがダイヤモンドヘッド。オアフ島の火山です。ワイキキビーチからみたかんじ。




それからココクレーター。




どちらもトレッキングをしたかったけど、夏に泳ぎの特訓をした私としてはハナウマ湾でのシュノーケリングの方が興味があったので、ダイヤモンドヘッドを横切り、ハナウマ湾へ。自然保護区域だけあって、ビーチに行く前にしっかりビデオを見させて自然保護教育もしっかりさせています。さすが、きれい。





シュノーケリングやっている人が、本当に多かった。




私たちもレンタルしてシュノーケルしたのですが、思ったよりも水が冷たくて20分くらいであがってしまった。やっぱりラッシュガードやウェットスーツを着ていないと冷えが早い。


潮吹き穴を見て




サーフィンやボディボードをする人たちに人気のあるサンディビーチを見る。さっすがうまい人が多い(気がする)!



別のビーチですが、木陰でサーファーたちがお休みしてるのを発見。




一路北へ。高速にのってカイルアという町に向かいます。
さすが南半球の島、生態系が全然違って、植物、魚、動物が面白い。



なんだか絵になるヤシの木。


裏から見たオアフ島。 

          

確か何かのお墓だった気がする。明るい雰囲気で公園みたい。


飾られている花が不思議な形で魅力的。






カイルアに到着して、ランチ。ハワイならではのハンバーガーでも、と思ったけど、ラーメン屋の看板をみたら体がラーメンを求め始め、吸い寄せられるようにラーメン屋に入る。普通に日本のラーメンと餃子がでてきて、美味しかった。さすがワイハ。


高速をさらにすすみ、今度はノースショア、と言われるエリアへ。北は波が荒い、そうでサーファーには嬉しい場所だそうです。


すごい雲。

ビーチでくつろぐ、というより写真を撮っている人かサーファーしかいないかんじ。




カメハメハ ハイウェィをホノルル方向に南下すると、行きたいと思っていたドールのパイナップル工場が。






ちょうど園内を電車に乗って案内するツアーがあったので、参加してみる。






ちょうど虹がみえました。



この工場の近所一面、園内、パイナップル、パイナップル。



マンゴー、ライチ、コーヒー、その他いろんな木がありました。






あとは枯れているけどさとうきび。


ツアーの後は、お店で休憩。カットされているパイナップルも、パイナップルのソフトクリームも、どっちも美味しい。



そして帰途につきます。ワイキキに戻る道中も虹が続いてずっと見えたので、幸せな気分が続く。夜は中華をしっかり食べて明日に備えます。アジア食充実で、大満足。明日に続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿