2011-08-13

Ulala3の思うところ 37

月曜日8月15日が祭日なので、3連休中のスペイン。夏が戻ってきているので、海からの誘惑が高まっています。こうなるともうだめ、家にいるのがつらい。いろいろやらないとね、と思っていることはあるけど家の中にいられないので、シュノーケリングの練習!プールとは違う水の開放感がある。ビーチで昼寝はやっぱり気持ちいい。 ヨーロッパの人のようにむちゃな日焼けはしないけど、夕方少しずつ日焼け。体が太陽のエネルギーをたっぷりすってプラスのエネルギー補充がされている気がする。


初めてのシュノーケリングの練習開始。呼吸はなんとかできるけど、チューブを加えていられないのと、どーにもこーにも心配になってしまうので、とりあえず足がつくか、つかないかのぎりぎりのところのみで練習。水中にしっかり潜った後に水を吐き出したり、チューブに残ってしまった水を吐き出す方法を練習。5分くらいは浮いたり泳いだりしていられるけど、それ以上になると自分の方向が気になってしまって、顔をあげたくなってしまう。この手の心配をなくして恐怖感をもたないこと、パニックに陥らないことが何よりも大切らしいけど、どう克服すればいいのだろう。。だんながパニクっても僕が助けれるから大丈夫、といって練習のために私を沖につれていこうとするのだけど、全然だめ。何がダメって足がつかないところにいきたくないのだ。足がつかないところに行く、と思うだけで半分パニック。それじゃー、ダメじゃん。(泣)

ビーチから見える黄色の浮きがあるのだけど、それがちょうど浜から200mの距離。そこまで往復が目標、ってしてみたけどそんなのできるんだろうか。もう少し頑張ってみるけど、ダメだったらスキューバダイビング以外の他のプランを考えた方がよさそう。。しっかしスキューバの英語の本をわざわざ買って資格をとる気まんまんだったわけで、1ヶ月くらいかけて1000mを泳げるようになったんだし、ここで弱気になってはもったいないのだ。ふぁいとぉ、ulala3! しばらく体や気持ちが慣れて、水の中でリラックスできるよう続けてやる、しかないのだ。

だんなが夕食にパエーリャを作ってくれた。島育ち(しかも小笠原諸島)なのに全然海になじめてないアタシを慰めてくれる。まだまだ自分の味や分量を探し中、研究途上のパエーリャとはいえ、今日も美味しい。ありがとう〜。


0 件のコメント:

コメントを投稿