2011-09-25

ハワイ旅行記 4- マウイ島西側ドライブ 59

1泊2日のマウイ島の旅。スキューバーダイビングの後は、飛行の高度やどのくらいダイビングをやったかにもよるのだけど、18時間は飛行機に乗れないので、やや遅めの朝出発で飛行機で行ってきました。飛行時間は40分くらいなのであっという間に到着。

ハワイアンエアーのロゴがかわいい🌺


空から島を見ると、雄大なさとうきび畑が目に入る。


のちのちさとうきびの精製工場をみかけるのだけど、中に入っての見学は今回できず、残念。


マウイ島は元々二つの島がハレカラ火山の噴火で1つの島になったという。道の作り上、1周旅行ができない。1日目、まずはカフルイからワイレアまで島の南西を380号-31号線と往復。ワイレアまでいって、北上。次に島の北西を30号線沿いにカナパリまで往復、空港のあるカルフイまで戻る。2日目は37号-377号とハレカラ国立公園まで行ってまたカルフイの空港方面にもどり、今度は36号-360号と東海岸をハナまで、湾岸をひたすら往復するのが旅行行程。

1. カウルイーワイレア
島の南西部。情報誌によるとこの辺がシュノーケルをやるにはベストスポットのこと。しっかり今回の旅行にもシュノーケルセットを持ってきているので、気になるビーチがあったらすぐに泳げるよう水着スタンバイでドライブ


キヘイまではこんなかんじの白砂のビーチが続くのだけど






その後南に行けば行くほど、岩場がふえてくる。私たちが降り立ったのが、Kamaole Beach Park 2と3の間のビーチ。奥に見える岩場の方でシュノーケリング。




この場所、シュノーケリングポイントとしては相当よかったです。岩場付近の魚の数や種類が豊富だったのと、亀が2匹も見れました。1匹は大人の亀、もう1匹は子供の亀。小さいのにすでに泳ぎが優雅で、なんだかかわいかったなぁ。こんなときに限ってカメラを水中に持って行くのを忘れてしまったのが残念。


1日目、南西部の旅の折り返し地点、ワイレアのビーチに到着。この先の道路は夜間は走れない、4WDで行くことをオススメ、などの標識があり道が険しい様子なので、ここで引き返す。




2.ワイレアーカナパリ
来た道をもどり、今度は島の北西部、カナパリを目指す。モロキニ島が横に見えてきた。




北西部に向かうと島の北西中央部は山であることに気がつく。きれいな山なみ。



道々、フルーツを売っている場所があるので、パッションフルーツを購入してみた。しかし、1個 10ドル!ちょっと高かったですね、美味しかったから許すけど。


旅行前にハワイへ行ったことある人に、オススメのアクティビティーは何かを聞きまくっていたのだが、そのうちの一つにビーチで日の入りを見る、というのがあった。これはオアフ島でもマウイ島でも結局毎日の日課となっていた。マウイ島でサンセットをロマンチックに見れる場所ということで、カナパリにある シェラトンホテル マウイの屋外バーに行ってみた。

ホテルから見た屋外のバー。確かにプライベートビーチに面していて、素敵なつくり。


日が落ちてきました。


本当にすすすと太陽は落ちてしまい、ことり、と海にもぐってしまうかんじ。


太陽が沈んだ後、空が赤く明るいうちに、神への祈りをささげる、というショーがあった。祈りを捧げているこの写真の人、岩場から飛び込みます。



うまく成功し、拍手、ここから夜の宴へとスタート。


私たちは宿泊客でもないし、夕食を時間をめがけて少し南の町ラハイナへ。海岸沿いの道をぶらぶら歩き、結局ハードロックカフェで夕食。この海岸線の通り、ショッピングが楽しそうな、おそらくマウイ島のワイキキ、みたいなかんじではないかと思う。しかし、この時点であまりの移動距離と1日の濃い活動のせいで、私は半分くたばっており、ショッピングを楽しむというより、椅子を探してだんなのアロハシャツ探しを見学しているかんじになっていた。

翌日の行程を考えて、ハレアカラ国立公園の近くまで行くのだが、宿がないことが発覚したので、結局空港のあるカフルイに戻る。ホテル予約などを全くしなかったのだけど、レンタカー屋さんでもらった地図にのっていたホテル、直接行ったら部屋があいていたので、宿は即決。よかった、よかった。翌日マウイ島東側ドライブに続きます!

0 件のコメント:

コメントを投稿