2011-12-11

創作料理レストラン Nectari -86

今年の反省と来年の目標を公言するため、毎年ほぼ同じメンバーで忘年会を開いている。基本行ったことなくて、雰囲気の良さげなレストランを毎回選んでいるのだが、いいかんじであたりが続いている。今年はNECTARIという創作料理系のレストランに行ってみた。


みんなでオーダーしたのは、55ユーロのシェフのお任せメニュー。
お料理のフォトログです。

まずはパンとオリーブオイルがサーブされる。パンは2,3口で食べれるサイズの焼きたてパン。お料理の進み具合にあわせてパンを焼いてくれているので、いつも焼きたてが食べれる、という気の使い方。すばらしい。

写真、左がオリーブ入り、右が玉ねぎ入り。



右の写真、左がオリーブ入り、右がスパイス入り。写真にはないけど、普通のパンもあり、計4種類から好きなだけ選べる。どれももちっとカリっとして美味しい。


前菜1品目。フォアグラのムースにポルト酒のソース。フォアグラの味とポルト酒の甘さがとてもよくマッチしている。1品目から激ウマやん。。


前菜2品目、ケパブにコリアンダーのソースかけ。ケパブといってもお味はさっぱり、つくねみたい。コリアンダーのソースもうっすらとコリアンダーの味がわかる程度の優しいソース。


シェフのお任せコース、実は2種類あって、マリアージュを考えてワインがサーブされてくるコースと、自分たちで選べるコースがある。とりあえずアルコールの量が肝心な私たちは、後者。お店の方と相談して、まずは1本目。スペイン、リオハ地方のワイン、Bai Gorri。


前菜3品目がフォアグラのスライスに白ワインで煮詰めたソースをかけたもの。一見パサっとした食感にみえるけど、ふつうにしっとりしているフォアグラでした。これもちょっと甘いソースと絡めているので、食べやすい。パンにぬってサクサクいけちゃう。


前菜の最後が、エビ入りコーンスープのパンジー添え。パンジーのスペイン語は "Flor de pensamiento"であることをはじめて知った。訳すと”思考の花”?哲学的な香りのする花だったのね。。まずはエビとパンジーだけのお皿が置かれ、


スープをサーブしてくれる。エビのお皿も温められて用意されており、お店の気配りがここにも感じられる。 エビを細かく切ってスープと一緒に食べると、エビの塩味がうまくからまってさらにグー。


調子出てきました、2本目のワインオーダー。またまたリオハの赤ワイン。GAVANZA。


メイン1品目、魚料理です。マグロのたたきに茄子の薫製ムース。たたきは醤油の味付けがうっすらとされており、これに薫製茄子のソースをかけちゃうとまた別の味にあるのが面白い。


メイン2品目の魚介料理、ホタテ貝とほうれん草とアーモンド添え。ホタテの貝柱が大きい。フランス産のホタテだそう。


ほうれん草はホタテをわったらでてきました。このホタテのスープがおいしくて、身を全部食べ終わった後には貝をずずっとすってしまいました。あー、おいちー。


ここで箸休めのパイナップルのシャーベット。ミントと一緒に食べて口がすっきり。


メイン最後の肉料理、 豚肉の肩の部分のお肉(Aguja)だと思う。ジューシーでやんす。ソース名を聞き逃しているけど、バルサミコを使ったソースだったと思う。


 お肉が柔らかい。アーティチョークの付け合わせととてもあっていて大満足。


 もうワインがうまい具合にまわっており、何本か頼んでいるのですが、数えられなくなっていて、写真を失っています。ありがちだけど、ちょっと残念。。

デザート1品目チーズのもりあわせ。チーズが苦手な友達がいたのですが、その人でも食べれていました。右がスペイン産のチーズ、メンブリージョとあわせて。真ん中と左がフランスのチーズで、真ん中のには何かのクランブルの付け合わせ、左のには葡萄のゼリーをあわせて食べます。いつも思うけど、このコンビネーション、どうやって考えるんですかねー。クルミ入りのカリッとしたパンにあわせていただきました。


 最後がタルトタタンとバニラアイス、ミント添え。あたたかいリンゴのタルトにアイスクリームの冷たさがあいまって、そこにミントのすっきり感がはいって、ともう抜群のコンビネーション。


コーヒーが飲めないので、私はお茶を頼んだのですが、出てきたのがふつうに玄米茶。私にはラッキーでした、おちつくー


 さらにお茶うけに、お店の名前のNectari (ハチドリ)の形のクッキーとチョコレート。チョコレートが巣、間にある小さなパンケーキが卵に見えてくる。


お店の壁の一部とクッキーが同じ形。かわいい!


 最後はお約束のチュピート。食後の消化を助けるというアルコール度数の高いリキュール。私はハーブの甘めのリキュールを頼んでみました。消化にいいから飲むんだよ、っていうけれど、酔っぱらいに拍車をかけていると感じているのは私だけではないはず。。


シェフのJordi Esteveさんが大阪のレストランでスペイン料理を披露したり、その大阪のレストランのシェフの一人がNECTARIに働きにきたり、と日本のレストランと交流があったそう。そのせいもきっとあって、カタランー地中海料理の端々に日本料理をかいま見る創作料理で大満足。全てのお料理において、素材を活かす優しいソースがあわせられており、これだけ食べて、満腹だけど胃が重くならないのがいい。量が適正だし、とても緻密にメニューが考えられていると思った。

ホールスタッフの方のサービスもよかったし、またリピートしたいお店。そのときはぜひシェフのお任せにワインのマリアージュのコース(80ユーロくらい)試してみたいな。

NECTARI - C/ València 28  08015 Barcelona
TEL: 93 226 87 18
営業時間 13.30- 15.30h, 20.30h - 23.30h
定休日 日曜


ここまで読んでいただきどうもありがとうございました。ブログランキングに参加しています。ポチっと応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村






6 件のコメント:

  1. このお店、私もどこかのレストラン批評サイトで見かけて、行きたいなーって思ってたんです。出だしのパンからしてこだわってる感が伝わってきますね。フォア好きなので「フォアグラのムースにポルト酒のソース」がかなり気になる!ホタテも大好物なのでよだれが〜(笑)。あ、タルトタタンも大好き♥
    見た目も美しいし、カタルーニャのレストランではなかなかお見かけできない繊細さがあって◎ですね。

    返信削除
  2. viespaさん、

    いろいろあるレストランの比較サイトで、いくつか見てみたんですが、どこでも評価が高いんですよね。それだけに、というか、本当に美味しかったです。ぜひ機会があるときに、行ってみてください。オススメですよ〜!
    「フォアグラのムースにポルト酒のソース」は、私の中では今回のお料理の中で1,2位をいく1品でした。すでにまた食べたくなってきました。(笑)

    返信削除
  3. Ulalaちゃん、ナイスチョイスだったね!
    一年の締めくくりにピッタリの素敵なCENAでした。
    お料理もおいしかったし、クラシコ効果で完全貸切状態
    だったのもラッキーだったね。
    また、是非リピートしたいお店です。

    返信削除
  4. accoさん、
    お料理もお店の人もよかったよねー。私もすっかり気に入ってしまいました。次の新年会のお店も期待しております。

    返信削除
  5. 美味しさと楽しさが伝わってきますねーー。
    ワインがもう何本目なんだか。。って、楽しい食事会でありがち♪
    たっぷりのお料理と、絶対沢山食べちゃいそうなパン!!
    ここはお腹を空かせて行かなくちゃね。
    私もメモっておこう。。。

    返信削除
  6. ウルコさん、
    ぜひ行ってみてください!!お料理絶品です!

    返信削除