2013-01-11

アルル小旅行 -102

先日エクス・アン・プロヴァンスへ遠足に行ったのが楽しくて、今度はアルルという町へ遠足へ。エクス・アン・プロヴァンスは観光というより街の雰囲気を楽しむ散歩となったのですが、アルルの町は世界遺産の宝庫、ゴッホの絵画のモデルとなった場所がいくつかある、ということもあって観光を楽しめました。観光フォトログです。

まずは町から少々はなれたゴッホの”アルルの跳ね橋(ラングロワ橋)”を再現した跳ね橋。コレ以外は本当に何もないのどかな田舎。











町に入って一番最初にしたのがランチ。駐車場の近くにあったカフェを併設した普通っぽいビストロに入ってみる。


Grand Café Malarte
address: 2 Boulevard des Lices, 13200 Arles, France
tel: +33 4 90 96 03 99

レストランの中は絵が沢山飾られていて素敵な雰囲気。古い建物をうまくいかして改装したレストランなのがわかる。子供がぎゃん泣きだったのにも関わらず、子供の相手をしたり、テーブルの配置を気配りをしてくれた優しいウェイターさんに感謝。














前菜にカキの入ったワカモレ、クリームチーズのスモークサーモン巻き。

メインは本日の定食になっている子羊のカレー風味。添えてあるパイナップルのローストの汁とあいまって美味しい♪

でも子供が落ちつかなくて楽しんで食べるかんじでもなく(泣)、大急ぎで食べて出発。その後すぐにベビーカーで寝入ってくれたので、のんびり町歩きとなりました。

まずはローマ遺跡、フランスに残る最大級の円形闘技場。外から2層の外壁が見えました。闘技場の横に石畳のかわいい小道を発見。




修復作業中の部分が沢山あったのですが、現在でも闘牛場として使われているとか。席に番号があるのを発見。闘牛ってすっかりスペインだけしかやっていないのかと思っていたのですが、フランスでもやってるんですね。



古い映画だけどロバート・デ・ニーロ主演の映画、RONINの銃撃戦の舞台だったわー、と感慨深くなる。











最上階から町を一望。アルルの町とローヌ川がきれいに見えました。



次に行ったのが闘技場から歩いて5分の古代劇場跡。原型があまりとどまっていなかったのですが、ステージのある場所でちょっと歌ってみたらけっこう音が響きました。野外オペラとかによさそう。



さらに5分ほど歩くと町の中心レパブリック広場へ到着。広場に面しているサン・トロフィーム教会へ。ロマネスク様式の教会だそうです、入り口の彫刻が目を引きます。


中心がイエスで、4匹の動物はマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの4人のエヴァンゲリストに対応しているんだよ、と夫。全く宗教を信じてないのに、これを知ってる時点でさすがにキリスト教圏の人だよなぁと感心。左上の天使がマタイ、左下ライオンがマルコ、右上の鷲がヨハネ、右下の雄牛がルカだそう。


 その下に12人の使徒が。さすがに誰が誰だかはわからず。。


静かな教会(あたりまえ?)。中央上にある絵は何の絵なのか、わからなくて残念。















 
広場を後にして、エスパース・ヴァン・ゴッホという耳を切り落としたゴッホが療養していた病院跡へ。中庭はゴッホの描いた絵の通りに復元されていました。



近くに”夜のカフェテラス”という絵画のモデルのカフェがある、とのことだったのでカフェのあるフォーラム広場へも足を伸ばしてみたのですが、営業しておらず。。


ゴッホの絵のモデルになった場所には絵も一緒に飾られているのですが、それさえも見当たらず、残念〜。ちなみに↓の絵が”夜のカフェテラス”です(Wikipediaより拝借)。


有名な”ひまわり”もこの絵もそうだけど、彼の使う黄色はとてもきれい。芸術はよくわからないけれど、ゴッホの絵は大好きです。お約束通り彼の絵画ポスター買ってしまいました。

これでアルル遠足は終了。小さな町だし、観光名所が集まって回りやすいとは思うのですが、全部の世界遺産を見ようと思ったら2日は必要そうなかんじです。古代ローマから中世ロマネスクの歴史のある建築物が街並にうまくとけ込んでいるプロヴァンスの町でした。

長くなってしまいましたが、最後までおつきあいありがとうございました。
気に入っていただけたら↓をポチッとクリックよろしくお願い致します♪



にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

人気ブログランキングへ



2 件のコメント:

  1. 遅ればせながら、明けましておめでとうございます♪今年も宜しくね。

    フランスも結構いろんなとこ行ったけど、アルル含めプロバンス地方にはまだ足を踏み入れた事がないんだよね。お花と緑が綺麗な、春から夏にかけた頃に行ってみたいな〜。
    アルルはやはりゴッホのゆかりの地とあってか、レストランにしてもバーにしてもさりげなく芸術が息づいてる感じでステキっ。
    食べ物も美味しそうだし、特に牡蠣のワカモレがかなり気になるー。

    返信削除
    返信
    1. viespaさん、あけおめ〜、こちらこそ今年もよろしくね!!
      そうそう春ー夏が行くならベストかも。でも真夏、秋、冬もそれぞれに自然がよくて、プロヴァンス地方が人気な理由がよくわかる。素敵なところなので、ぜひ行ってみてちょ〜。

      削除