2013-02-08

花粉症の薬 -104

私はイトスギ(Cypress)という杉の花粉症なのですが、毎年のことながらピークの2−3月はちょっと憂鬱。くしゃみが頻繁、鼻水がたらーりと出てくるようになって新しい季節を感じるようになるのもちょっと悲しいですが、これで春にまた近くなってる、と思うようにしています。

この時期、花粉飛散量をUAB(バルセロナ自治大学)のサイトでチェックしています。カタルーニャ州だけの週間情報ですが、英、西、カタランでありますし、このエリアの花粉情報知りたい人にはおすすめです。

今週の状況は4段階の3で”高レベル”(4が最高レベル)、予測は”さらに増える”とのこと。毎週月曜日が更新日、今日が金曜日なのですが、予測は正しく先週より飛んでます(泣)今週は先週より寒いんだけどなぁ。

例年は花粉症の薬を飲み、鼻からスプレーをいれてやりすごしているのですが、今年は母乳をあげているのでどちらもできず。飲まずにすごそうかとも思ったのですが、なぜかくしゃみが近所のおじさんに負けないくらい男前で大きくて、授乳中にハックションとやると子供がびびって泣きそうになってかわいそうで。。

薬局で相談してみたら、ホメオパシーの飲み薬をだしてくれました。ホメオパシーはスペインでも賛否両論。信じるか信じないかはそれぞれかと思いますが、薬局に行くと母乳を与えている母親のちょっとした病気にはホメオパシーの薬をおすすめされます。

最近風邪を引いた時に喉の痛みをとるホメオパシーのシロップを飲んでいたのですが、これが効いた(気がする)ので、今回もとりあえず飲んでみることに。本当はシーズンに入る1ヶ月位前から飲み始めるのがいいそうなのですが、今からでも効果が出ますように。。



励みになります。気に入っていただけたら↓をポチッとクリックよろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


人気ブログランキングへ



0 件のコメント:

コメントを投稿