2013-03-09

ボゴタ☆旅行記 5 - 教会 109

ボゴタ☆旅行記-1, -2, -3, -4 の続きです。

宗教的な建築物や芸術からその土地の文化や歴史を知ることができるので、教会や寺院見学は好きなのですが、ここも見応えのあるカトリック教会がいくつもありました。義母がキリスト教の造詣に深い人で、いろいろ説明してくれたので半分ガイドつきで見学できてラッキーでした♪

まずはモンセラートの丘(Cerre de Monserrate)。バルセロナ郊外にあるモンセラート(Monsserat)には黒いマリア像があるのですが、ボゴタにもあるという話をきいて、見にいってきました。ボゴタ市内が標高2600mなのですが、ここはさらに空中ケーブルで500mほどあがった標高3152mにある教会です。富士山8合目くらいの高さなのだけど、丘、か。。

下から見ると、かなり急角度。

 ボゴタ市がよくみえてきました。上から見てもやっぱり角度は急でした。

 頂上に到着。お天気がよかったので市内一望。ボゴタ、大きいです。

教会がみえてきました。

ここのイエス・キリストは十字架に磔られているところではなく、地におちたところが飾られています。

お目当ての黒マリア像。

 外にはお土産物やさんや軽食を食べれるところがあったので、小腹もすいていたし、ちょっとよってみました。

トウモロコシ、調理用プラタノ(Platano macho)、牛の腸をあげたものなどがありましたが焼きトウモロコシとプラタノを注文。トウモロコシは実が大きくて素朴な味、プラタノは熟していて甘くてどちらも美味しかったです。

子供の反応

そして。初めての体験(?)コカ茶。コカインのコカです。
といっても別にラリッちゃうとかそんなことは全くなく、薬草みたいなかんじ。高山病にもいいというので、お砂糖を入れて飲んでみましたが、普通に甘いお茶で美味しかったです。私としてはアマチャヅル茶を思い出すような味でしたが。。自分のおうち用にも買ってみました。

次がシキパラ(Ziquipara)というボゴタ近郊の町にある塩の教会(Catedoral de Sal)。数千年前から塩を採掘しており、昔はこれで金や穀物と交換していたとか。坑道の全長400km、地下4階からなる巨大な塩坑だったところに教会を作ったそうです。

  坑夫たちの働く様子の彫刻の下をくぐって入り口へ

トンネルを通ってさらに奥へ。トンネルの支えの間からも塩がでてきているのがわかります。

世界各国の旗のイルミネーション。壁にでている白っぽいものはもちろん岩塩。


↑こんなかんじで十字架が置いてある場所が14ステーションあります。イエスが死刑の判決を受けてから、十字架を背負って歩き、最後に埋葬されるまでの道のり、ヴィア・ドロローサ(悲しみの道)を模して作られたそうです。

岩塩をさわる義姪



大聖堂

いろいろなオブジェがありました。ミケランジェロの作品にあったような?


  









キリスト誕生

岩塩をいかして彫った壁画

 塩の滝

 滝を拡大するとこんなかんじ

それから町の中心、黄金博物館近くにあるサンフランシスコ教会( Iglesia de San Francisco)。2011年に400周年を迎えた、ボゴタで一番古い教会だそうです。


祭壇の金色に圧倒されてしまう。

ここも金色が印象的。このマリア様の話、何か聞いたのに忘れた〜。ごめんよ、義母さん。。(泣)

こちらはカンデラリア地区にあるサントゥアリオ・ヌエストラ・セニョーラ・デル・カルメン(Santuario Nuestra Señora del Carmen)。聖堂です。


イタリア人の建築家が作ったという、ゴシック様式に中東のビザンチン様式、アラブ様式をおりまぜた教会。スペインのコルドバにあるメスキータを思い出す。メスキータってちなみに↓こんなかんじ。



キリスト教では葡萄はいろいろな意味をもつシンボルとして(キリストの血だったり、祝福や繁栄の象徴だったり)講壇や皿、スプーンなどに使われているのですが、南米の教会では地元の食物、トウモロコシをこのシンボルに使っていることもあるとか。確かに黄金博物館で、プレコロンビアンの作った金の細工品にトウモロコシの形をしたのあったよなぁ、なんて思い出したりしてました。写真がないのが残念ですが、こういう話をちょこちょこ教えてくれた義母さんに感謝〜。


長々とおつきあいいただきありがとうございました。

気に入っていただけたら↓をポチッとクリックよろしくお願い致します♪



にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ



人気ブログランキング

4 件のコメント:

  1. お坊ちゃまの写真「僕も食べたい」可愛すぎる~。白黒でいい感じに仕上がってるねえ。

    塩の教会、派手な演出だけど私こういうの好きだわ。ショーみたいで楽しいじゃないの。間違いなくそっと指で塩を触ってお味チェックしちゃいそうだ(笑)

    昔は教会とか全部一緒に見えてたんだけど、最近ようやく建築の違いなんかに興味がでてきたよ。それにしてもボゴタって見どころいっぱいだね。いつか行ってみたいなあ。

    返信削除
    返信
    1. penedescatさん、

      へへ、ありがとう、写真の食べたい雰囲気伝わったかな〜。
      もちろん、私も指で触って味をみてみたよ。しっかりしょっぱい塩の味がした。でも指が黒くなったので、清潔かどうかと言われると微妙だけど。。
      教会って私もそんなに興味なかったんだけど、建築の違いとか教えてもらえる機会があるとやっぱり面白いよね。5人の子供連れだったから無理だったけど、塩の教会はガイドさんの説明も聞いてみたかったなぁ。

      削除
  2. 教会、メスキータみたい!
    かなりアラブですね。
    トンネルの照明もおもしろいし、たのしいですね、ここ。

    ははは、今になんでも口に入れるようになるから大変だろな。

    返信削除
    返信
    1. ぶちさん、

      コロンビアの教会にアラブ様式発見!で面白かったよ。
      ホント赤ちゃんが動いてくると大変、というのを実感中だよ〜。口になんでもいれることを含めて、ちょっとでも目を離すとこれまでやったことないようなことをやっていて、それはそれで嬉しいけど、あぶないことが増えてきたかんじ。ホント男の子は力が強いよー、すでにこちらもけっこうな力をいれないとあばれたときにおさえられないよ。

      削除