2015-11-23

2代目の車もスコーダ -148

子供が2人に増えて乗っていた車が小さくなってきてしまい、荷物が入りきらないことも増えてきたのでやや大きめの車を購入しました。我が家の2代目の車、新し目のモデルであまり走っていない、トランクが大きい、を条件にして中古で探しました。車市場のことはよくわかっていないのですが、条件はかなりいいのに中古というだけで新車のほぼ半値になってしまうので、車は中古で買うのが私はいいと思いますねぇ。

我が家の1代目はスコーダというチェコ産のFabiaという黄色の車だったのですが、こんどの車はこのFabiaのステーションワゴン、写真の車よりもう少し明るいグレーのFabia Combi II(写真はお借りしました)。スコーダはフォルックスワーゲングループの会社。FabiaはエンジンはPoloと同じものが使われているけど、内装の素材をPoloより安めの素材で仕上げているのでお値段もPoloよりずっと安い、というのがウリの車です。


気づけば我が家の1代目の車、長男が妊娠前に生まれる前に買ったので2012年からほぼ3年半のおつきあい。バルセロナに住んでいた時に借りていた近所の難しい駐車場で、乗り始めは何度柱をガリガリとこすったことか。。(さすがに運転技術もあがり、最近はこすってませんよ〜)エンジンはまだまだ大丈夫とはいえ、かなり激しく傷のついた車、誰も買ってくれないだろうから寿命まで乗るのだろうなぁと思っていただけに、買ってくれる人がでてきてありがたいものです。

車の色は黄色や赤などの目立つ色が好きなので、今度の車の色がグレーなのはちょっと残念。でも大きい車って慣れてくると運転が楽しくなりますね。ベビーシート二つ後部座席に取りつけても、その間にまだ人が座れるし。ベビーカー積んでも大きな荷物が余裕で入るし、細かいものを整理しやすいようにトランク内に小さなスペースあるし、乗り始めて数日ですが愛着わきはじめています。こすったり、ぶつけたり、壊したりしませんように(←私が)。

---------------------------------------------
パリの同時多発テロから10日ほど経ちました。私の住んでいるあたりはパリからかなり離れた田舎ですが、幼稚園への送迎が学校の中まで親が連れていっていたのが、門のところで子供を受け渡しに変更になったり、高速の料金所ではトラックや大きな荷台がある車が警察の検問をうけていたり、と警戒している様子が感じられます。大きなショッピングセンターに怪しい車がいると大騒ぎになって(結局犬を輸送していただけだった)付近通行止にして大渋滞を引き起こしていた、なんてニュースもありました。

実行犯のテロリストたちが自爆なり捕まったりしていますが、同じような境遇のヨーロッパ育ちの仲間は沢山いるんだろうし、国外からではなく国内にすでに次のテロを考えている人がいてもおかしくないところ、いつもどおりの平穏な生活を送っているとはいえ気になるところです。

励みになります、応援クリックよろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


 



0 件のコメント:

コメントを投稿