2016-04-11

紅茶酵母で田舎パン作り♪ -158

友人にパン作りを習っていらい、パン作りに興味津々。彼女は小麦粉の天然酵母のパン種(元種)を作っているとのことだったので、私も天然酵母から起こしてみることにしました。これがなかなかうまくいかず、パン作りまでたどりつけなかったのですが、最近ようやく紅茶から酵母を起こせてパンが焼けました。その記録です。

一回室温で紅茶と蜂蜜で酵母起こしをしてみたのですが、寒い日が続いたせいか1週間ほどしても泡が出てこなかったので、二回目のチャレンジではヨーグルトメーカーを使ってみました。

昭和の香りがする古さの器械だけど、問題なし♪なんでも取っておいてあるなー、この家。。

熱湯消毒して、400gの水と20gの紅茶の茶葉、はちみつ大さじ1を6分割して投入。

子供にみつからないよう観葉植物の後ろに隠して発酵。


三日目にはブクブクと元気な泡が出てきました。



↑次は、元種作り。茶こしでこした酵母液100g、強力粉/準強力粉(Type 80)を100gを混ぜて布をかぶせて室温放置。2倍に膨らんだのでさらに強力粉((Type 80)を50g, 酵母液を50gずつ足す。さらに倍に膨んだのが写真の状態です。完成!ボコボコと酵母が元気に動いてます♪

材料の強力粉/準強力粉360gと塩7g、水240cc、元種100gを混ぜて、ボールの中で一次発酵。ぬらした布をかけて、約2倍になるのを待ちます。

発酵器がなかったので打ち粉をして、陶器の型に入れて二次発酵。2時間ほど待って、一度型から生地を取り出し、オーブンを250度に温めるのと同時に型も温めます。オーブンの用意ができたら型を取り出し、オリーブオイルでさっと油膜を張って打ち粉をふって生地を入れます。

そのまま250度で30分ふたをして、15分ふたをとって焼きます。20分くらいふたなしで焼いてしまったので(子供がいるとありがち)ちょっと上焦げましたが、できました!


家族にも膨らみがもう少しほしいけど紅茶の味がほんのりとして味はいいし、初めてとしてはまぁいいでしょう、と合格もらいました。✌️


陶器の型、250度の高温に耐えられずひびが入ってしまいました。本当ならル・クルーゼやストウブのような鍋を型にするのがいいんでしょうね、今後の反省メモ。

今回はクックパッドの下記サイトを参考にして作ってみましたが、

紅茶酵母作り: バッチリ発酵力◎自家製☆紅茶酵母

こねないパン作り: 天然酵母でこねずに作る自然で美味しいパン

酵母作りから書いてあるようなパン作りの本をガッツリ読みたくなってきました。せっかくパン大国にいるんだし、フランスの本を読んでみたいです。いつかパン職人さんのところで習ってみたいなー。

まだ紅茶酵母しか育てたことがないですが、酵母ちゃんのお世話も楽しいです。いろいろ酵母作りしながらぼちぼちパン焼きしていきたいと思います。新しい趣味になりそうで楽しいな♪









0 件のコメント:

コメントを投稿