2016-06-30

フランス滞在許可証更新 10年カードとれるかな (5) 新しいカードの交付 -167

フランス滞在許可証更新 10年カードとれるかな シリーズ、感動の最終回です。
(前回までの記事はこちらから👉 (1)書類申請開始 (2)書類と面接準備 (3)県庁へ書類提出&面接当日(4)市役所での面接

6月下旬のある日、県庁より召喚のお手紙が届きました。5月下旬に最後の市役所との面接だったので、1ヶ月程度で通知が来たのでびっくり。思ったよりずっと早かったです。

パスポート、古い滞在許可証、レセピセ(3ヶ月有効の仮滞在許可証)、260ユーロ分の収入印紙を持ってきて新しい許可証の引き取りに来てください、とのこと。

このお手紙からは、カードが10年なのかどうかわかりません。書いてくれてもいいと思うのですが、書いてないのでドキドキしながらカード引き取りへと県庁へ足を運びました。

カード引き渡しで出てきた担当者は最初からめっちゃ態度悪くて、機嫌も悪くて、余計なことは一切話さない方がいい感じ。10年のカードが出てきても、出てこなくても、質問したいと思っていたことがあったのですが、そんなことしたら怒鳴りつけられそう・・・

ウゲー、何なの、コノ愛想の悪さは、、と思っていたところ、半分投げつけられて渡されたカードは✨10年✨の期限。嫌な感じ!と思っていたのにもかかわらず、にこやかに、良い日をね〜、なんて優しくあいさつして席を去ることができました。

自分の語学能力を示す書類が何もないことにあせって、高いお金を払ってTCFのテストを受けたのですが、この結果は結局受理されませんでした。別に語学能力を示せなくても10年カード取得には関係なかった様子。。県庁と市役所と、二回あった面接が重要だった気がします。テストは高くつきましたが、結果は望んだ通りだったので、ヨシとしましょう♪これで10年は滞在許可証関連で何もしなくてすむのが嬉しいです。

そして、一人で諸手続きを一通りこなせたのも自分の自信につながる良い経験となりました。正直、11年いたスペインからフランスに移住してきてこの1年くらい、育児中心の生活で働いてもいないし、言葉も大して進歩ないし、どうにもフランスが自分の場所という感じがしなくて、心が宙ぶらりんでした。でも改めて、少しだけどフランスにインテグレートしている自分がいることに気づきました。未だに自分の場所、という感覚は出てこないのですが、もう少し時間が経ったら変わるかな?

とりあえず、滞在許可証の件が思った通りに落ち着いてよかった!楽しく夏を迎えることができます♪







にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ








0 件のコメント:

コメントを投稿