2016-09-15

羊の肺を食べる -175

ある日台所に見たことのない肉が置いてあったので、義母に何の肉か尋ねました。







羊の肺(Mou de mouton)よ、とのこと。肝だったらよく食べるけど、ハイなの??食べたことないよっ!?

ということで、早速どうやって調理するのか見てみました。

肉を流水で洗い、適当にぶつ切りにしていためる。肉に日が通ったら玉ねぎを入れる。

胡椒とその他調味料。よく見てなかったので、何入れたの?と聞いたら、この辺から適当に少しずつ👇、とのこと。ハーブ系とカレーに使えそうな香辛料系を各2、3種類ずつ入れてた。多分なんで もあり。 

 

一通り玉ねぎにも火が通ったら水をかぶるくらいまで入れ、コンソメを入れて煮る。

煮詰めていきます。水が3分の1くらいになったら火を止めて終了。

いただきます。


食感は肝よりずっとグミっぽい感じで私は苦手(夫も義父も苦手だった💧)。動物臭さは肝よりずっと少なくて、煮込んでも固くならないし、肉の味は難しくないのですが。

うらら: こんな部位売ってるのね〜、知らなかった。
義母: いやー、これ実はタダだったのよ。普通は猫のエサだって。不思議な味よね〜

そんな話を聞いても、部位をもらえるのならもらって調理しちゃうなんて🌟さすが義母🌟の一言。知らない食材に対して寛容すぎる、生きる力がまるで違うぜ、と感じずにはいられない(年中感じているのですが)出来事でした。

ちなみにフランス語で肺はpoumon (プゥモン)ですが、mou(ムー)と言っていました。お料理に使う場合の肺はmouを使うのかしら?Mou de veau au vin rouge(子羊の肺の赤ワイン煮)という料理を見たことありますがよくわからないです。ご存知の方ぜひ教えてくださいー。



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ






0 件のコメント:

コメントを投稿