2016-10-03

他のEU諸国(スペイン)発行の免許をフランスの免許に切り替えた話 -176

私の持っている今の車の免許は日本で持っていた免許をスペインの免許に切り換えたものなので、スペイン発行のもの(普通免許Bの他、なぜかトラックも運転できるC1もついている)。

滞在許可証もおちついたし、そろそろ運転免許証も切り替えようかな、と思いきや日本人(もしくはEU外の国の人)が自国の免許をあるEU国Aの免許に切り替え、それをさらにフランスの免許に切り替える、という手続き情報がスペイン語でもフランス語でもどうも見当たりません。在仏日本大使館のホームページには、

"EU 諸国発行の運転免許証をお持ちの方 
他のEU諸国発行の運転免許証を既にお持ちの方は、その運転免許証でフランス国内を運転することができるかどうか、居住地の県庁(PREFECTURE)又は支庁(SOUS-PREFECTURE)にお問い合わせください。※ 日本の運転免許証をお持ちであっても、その運転免許証をフランスの運転免許証に切り替えることはできません。お持ちのEU諸国発行の運転免許証をフランスの運転免許証に切り替えてください。"
となっています。私のスペインの免許自体は2021年まで有効ですが、スペインの居住許可は2017年まで。Var県の県庁に行って問い合わせたところ、有効期限は問題無いのでそのまま運転していて大丈夫、とのことでした。ただその窓口の方は(しばらく前の話)、実際に有効期限が2017年までか2021年までなのかはっきりわからないようでした。

その後、免許の有効期限はまだあるけれどスペインに戻る予定はないし、後から切り替えのタイミングが問題になるのも嫌なので、フランスの免許に書き換えることにしました。あまりない話かもしれませんが、体験談のシェアです。

2016年にVar県でスペインの免許をフランスの免許に書き換えした話なので、それ以外のEU国の免許をフランスの免許に書き換えたい方や他県の方は参考程度にお願いします。

EU国の免許保持、フランス国籍を持っていない場合

《一般書面に出ている必要書類》
  • EU国のパスポートもしくは身分証明書のコピー
  • 結婚している女性の場合、結婚前の名字が証明できる書類
  • 写真2枚
  • 外国の運転免許証オリジナル
  • 外国の免許証の法廷翻訳
  • フランスに6ヶ月以上いることを証明する書類
  • 居住場所を証明できる書類
《口頭で指示された追加提出書類》
  • 滞在期限の残っているスペインの居住許可証の有効期間が2012〜2017年。現在持っているスペインの運転免許証の有効期間が2011年〜2021年なので、2011年に私がスペインに居住していたことを証明をできる書類 ➡︎ 2011年のスペインでの確定申告書コピー(翻訳必要なし)
  • スペインの全ての免許証コピー(現在のものは更新した2枚目なのですが、有効期限の切れた1枚目の2006年発行のものも要求されました)
  • 2006年以降2011年までスペインに居住していたという証明として、その期間全てのスペイン居住許可証コピー
  • スペインの居住住所証明(上記の居住許可書に住所もあるので、それでOKでした)

《その他説明に使った書類》

提出は結局なかったのですが、日本の免許がすでに有効でないことを説明するのに、日本の免許証のスペイン語の法廷翻訳コピー(スペイン語なのですぐにわかってもらえて助かった)

行くたびに書類を何か追加され、結局3回目で受付完了。3週間ほど待ってオリジナルが郵送されてきました。



上がスペインの運転免許のコピー、下がフランスの運転免許の裏面です。この写真だとわからないのですが、表面には有効期限があり15年ありました、長くて嬉しい。(スペインの普通免許Bは10年、トラックC1が5年有効期限なのです。)

でもスペインでもらえたC1の免許が消えていました。トラック運転するつもりはないですが、一度もらえたものがなくなるのがなんとなく悔しいので再度県庁へ足を運んで質問に行くつもりです。

スペインのバルセロナでは交通局で日本の免許を切り替えたのですが、その後日本領事館経由で日本の免許が戻ってきました。今回交換となったスペインの免許はどう手元に戻るってくるのかも聞きたいところです。

さらに、私は日本の免許は1994年に取得しているのですが、これがわかる情報がどうも見当たりません。(スペインの免許にはこの情報あり)これはどうなっているのかも、聞きたいと思います。運転の経験年数で車両保険の料率が変わるので、これは念のため。

また後日、改めて質問の回答がわかったらこの話の続きを書きたいと思います。

今回の感想は、どんなことがあっても居住許可関連と運転免許証関連の書類、新しく切り替えたり更新されて古いのは不要となっても、コピーは捨てずにすべて取っておくべき、ということ。私はたまたまスペイン時代の書類をすべて保存してあったので追加要求書類の提出は大変ではなかったのですが、結局3回行くことになったのがだるかったです。

3回目に追加提出を言い出そうとした時は、3回来ているのにまだ追加があるのは変ですよね、その追加事項は調べて言っているんですか?とかなり渋い顔で言ったら黙って免許切り替え中という証明書をくれました。

質問は残ってもとりあえず免許は切り替え終了です。よかった、よかった。さらに渋るタイミングもちょっとよかったよね??と自分の小さな進歩を感じることができて嬉しかったです。(←性格クライ)


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ