2017-08-03

フランス語の冠詞に泣かされている人 -200

題名の通りなのですが、Grammaire progressive du Françaisのavancéという本を文法の勉強に使っていて、いまだ冠詞がよくつかめず😩あーあとなっていました。このシリーズは初歩からずっと使っていてわかりやすくていいのですが、3冊目の本を勉強しても冠詞がどうもわかった気がしないのです。😢

いくつかヨーロッパの言語を勉強してわかったことは、同じラテン語系の言語であっても(そうでなくても)、冠詞は使い方がそれぞれに違うこと。学習経験のある言語の知識が当てはめられず😱、残念〜

8月は休みにしているのですが、最近の文法の先生はフランス語が母語ではない女性(オンライン講座やってます)。彼女は基本フランス語、たまに英語を交えて教える方針の先生で、フランス語の冠詞につまづいてる、と相談すると、これどう?と "A Complete French Grammar for Reference and Practice"というポートランド大学の Trudie Maria Boothe先生の本を勧めてくれました。

英語で文法説明かぁ、と思いつつ、言われるままにこの本の冠詞の章をやってみたので、よかった点⭕とイマイチな点🔺をあげてみます  : 

⭕冠詞の説明と練習問題だけで24ページもあり、重箱の隅をつつく細かな説明が◎
(ちなみにGrammaire progressive du Françaisのavancé 2e éditionは説明と練習問題で14ページ)

定冠詞と不定冠詞で分かれており、さらにその形(le, la, l', les) ( un, une, des)、各冠詞の用法、各冠詞を省略する場合、と大きく分かれて説明されています。それぞれに細かな説明と例文が上がっており、続いて練習問題という構成。定冠詞も不定冠詞も、省略される場合がよくわからなかったのですが、その説明は、なるほど!と「ひざを打つ」という表現がぴったりの納得感でした。

さらに部分冠詞の説明は秀逸。最初にその形(du, de la, de l', des)、用法、部分冠詞を省略する場合、と分かれ、それぞれに例と練習問題がついているところまでは同じなのですが、さらに前置詞deとの混乱を解消できるような細かな説明と用法が盛りだくさんなのです。

👍だった部分冠詞の説明をいくつか訳してみると
- 否定文において、部分冠詞(不定冠詞のように)はdeに置き換えられる。ただし動詞êtreの後と否定が限定されている場合(例:名詞が続く形容詞で修飾されているとき)を除く。 
比較 :
Il a de la chance.                   Il a n'a pas de chance.
Je bois du vin.                       Je ne bois jamais de vin.
Il y a encore de l'espoir.        Il n'a plus d'espoir.
Il prend des vacances.           Il ne prend jamais de vacances. 
ただし :
Ce n'est pas du lait, c'est de la crème.        This isn't milk, it is cream.
Ce ne sont ni des oeillet, ni des coquelicots.  These are neither carnations, nor poppies.
Elle ne mange jamais des carottes cuites.  She never eats cooked carrots, she only eats raw carrots. 
-  ne...queは否定表現ではないことを覚えよう。だから部分冠詞と不定冠詞はこの表現が使われた場合はdeにならないのだ。
 Je n'ai acheté que des chaussettes.      I only bought socks.  
 - du, de la, de l', desが部分冠詞ではなく、縮約形のde+定冠詞のとき、否定文でdeにならない。
    例 Il n'a pas peu de la mort.    He is not afraid of death.
👍な(部分冠詞の代わりに)deを使った表現の項目に数量を表す副詞と表現の説明があり、「たくさんの」を意味する"beacoup "の説明には :
 - 誰かがどのくらい好きか嫌いかを表現するとき、deではなく、定冠詞(le, la, l', les)がbeaucoupの後、名詞の前に使われる。 
        J'aime beaucoup de légumes. I like a lot of vegetables. (beaucoupは続く名詞を修飾) 
        J'aime beaucoup les légumes.   I like vegetables a lot. (beaucoupは動詞aimerを修飾)
 同じく(部分冠詞の代わりに)deを使った表現の項目の、 
     
     - 複数名詞の前に形容詞がくる場合 :
        Je vous souhaite de bonnes vacances.     I wish you a good vacation. 
        しかし: 単数名詞の前に形容詞がくるならば、部分冠詞がフルで使われる。 
       avoir du bon sens          to have common sense 
       boire de la bonne bière      to drink good beer 
(A Complete French Grammar for Reference and Practice - 16.The Articles  一部抜粋 )

きたー!私のわかってないところをよくわかっているとしか思えない説明!!😍😍

⭕Google Booksでけっこうな量の内容を立ち読みできる。

🔺当たり前ですが、フランス語のことわざや口語表現を英語の同等表現で言われても知らないものがある。自分で調べればいいんですけどね。(この本の日本語訳でたら売れそうな気が…)

🔺マイナス点というほどでもないのですが、練習問題に「回答」がないところ。説明を見れば一応答えが探せるし、回答は彼女のウェブサイトに答えがありますが、彼女のウェブに回答あり、という情報は本に記載されていません。http://www.madamebooth.comのcontactページに回答がありダウンロードできます。

"Grammaire progressive du Français"は好きなので続けますが、"A Complete French Grammar for Reference and Practice"もすっかり気に入ってしまいました。心強い本が増えて嬉しい♪ 腹オチ感がたりないところはこの本で潰す!とやる気でてきました。


全然関係ないですが、我が家のラーメンマンです。
どうしてこんな帽子があるんだろ?



0 件のコメント:

コメントを投稿