2017-08-18

長男5歳0ヶ月・次男2歳10ヶ月 -201

子供達の言葉の発達を中心とした記録です。(長男9ヶ月長男1歳1ヶ月長男1歳10ヶ月長男2歳8ヶ月・次男6ヶ月長男3歳8ヶ月・次男1歳6ヶ月長男4歳5ヶ月・次男2歳3ヶ月の記録の続き)

環境 : 
長男はこの9月からフランスの幼稚園年長(GS)、次男は幼稚園年少(PS)になる。家では私が日本語を話す以外、夫(母語ドイツ語)、義両親(義父ドイツ語、義母フランス語)は子供たちとほぼフランス語で会話。長男と次男の間ではフランス語6割、日本語4割で会話。子供達は夫と義両親のドイツ語会話を聞いている。

習い事: 
長男は日本語補習校の年中(8月生まれなので日本の学校教育の方が6ヶ月遅い)。2016年9月から2017年6月まで音楽学校の導入クラスに通う。今年の夏休みは集中的にプールに通い、水泳特訓中。次男はまだ習い事をしていないものの、すでに日本語補習校に行きたい、とよく言っている(来春入学予定)。

日本語 :
引き続き「0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児」の本を参考に。夏場は日が長くて寝る直前まで走り回って遊んでいることも多く、子供達の様子に合わせて日本語の本を二人一緒に3〜4冊読み聞かせ。

一人だけに話しかける時間を設けるのが難しく、一人に集中して30分取れる日は少ない。子供2人と私の3人で日本語でおしゃべりをする時間が長くなり、夫は会話で何を話しているか想像もできなくなってきたと言っている。(ごめん、仲間はずれ)

本を読まない日は日本語の映画のDVDを一緒に見たり、パズルや迷路をしている。「ドラえもん」、「風の谷のナウシカ」、「天空の城ラピュタ」、「千と千尋」、「となりのトトロ」が二人の最近のお気に入り。

長男はしりとり好き。私と長男で遊んでいると次男も時々わりこんできて、正しいタイミングで言葉を続けることもあるので驚くことも。長男はカカ(ウンチ)、ピピ(おしっこ)、ペテ(おなら)を混ぜるのが好きで、次男もその影響を多大に受けてそんな言葉を言葉尻につけて遊んでいる。

長男は、お箸、お金、お皿は"お"で始まる言葉だと思っている。子供との会話で"お"をつけないで話すことはまずない単語なので、"お"をつける単語とつけない単語、つける場合とつけない場合の区別をどう教えたらいいのか難しさを感じている。一方で「手紙」はお手紙?手紙?と聞いてくるので、「お」をつける場合とつけない場合があるようだ、とはわかってきた様子。

二人とも(私も)、「チョコレートケーキ」の代わりに「ガトーショコラ」、のように日本語にフランス語の単語がまざるルー大柴状態。英単語がフランス語に置き換わることが多いので、英語は日本語に本当によく使われていることに改めて気づかれされる。


「青のフォーク」というべきところを「フォークの青」のように、形容詞と名詞の語順がフランス語になってしまって日本語の語順を間違えることが多い。日本語はフランス語とは違う順番なんだよー、というと、不思議そうな顔をする長男がカワイイ。

まじろうも継続中。長男も次男も楽しく遊び中。ちょうちょ、ダンゴムシ、こいのぼり、カタツムリ、バッタ、とうちの庭にいる&あるものがタイムリーに教材に出てくるので、虫を捕まえては日本語で盛り上がっている。(合わせてフランス語、ドイツ語でも対応単語を覚える)

長男は補習校が楽しいとのこと。じわじわと効果が出てきていて、濁音、拗音のない基本のひらがなは読めるようになった。濁音もかなりできるようになってきたので、点とまるのつくひらがなまでこの夏でしっかり覚えさせたいところ。

長男が小さい頃に読んでいた「だるまさんシリーズ が の と」を次男に読んであげたりしているのをみると母は目が😍

補習校の宿題をやるときに「ママ、黙ってて!」ということが多くなった。補習校では俳句の音読があり、1ヶ月同じものを読むので結構覚えている。家でも暗唱目指して音読していると、次男も一緒に真似して俳句を言っているので、いいアイディアだな、と感心。

その他 (言語関連): 
次男は日本語でもフランス語でも、文章で状況を伝えれるようになってきた。長男にくっついて歩き、真似をすぐして覚えるので上達が早い。長男から覚えた言葉ではないが、洋服を着せようとして逃げる次男を捕まえると、「ママ、いい加減にしなさい」と私が言っているのと同じトーンで怒られて苦笑。

夫の新年の抱負は子供とドイツ語で話すこと。でも相変わらずダメで😓、フランス語で話しているが、改めて子供のお風呂と寝る前の時間に、ドイツ語で話し始めた。いつまで続くか?

この夏は独仏家庭の4歳と2歳の男子二人を持つドイツ人ママと知り合えた。彼女は子供とドイツ語で話したいと思いながらもフランス語で話している、といううちの夫と同じタイプ。ドイツ語環境がないとこぼしていたので、彼女を含めて何かドイツ語で遊べるような環境を作れないか?と考え中。私はこのドイツ語企画を仕切れないのでうちの夫とドイツ人ママに頑張ってもらわければいけないのだけど、できそうなアイディアだけでも提案しなければ。。

その他(言語以外):

5歳になった長男に教育系アプリを解禁。最近使っているのは :
Think! Think! (ロジックを鍛えるアプリ。対応言語は日、英、中)
ToDo Math (算数アプリ)
NHK for School (NHKの教育番組がみれる)
楽しい日本語練習 (ひらがなとカタカナの練習)
アプリの専門家に聞いた子供にアプリをさせる際のアドバイスは :
タブレットを与える(携帯ではなく)
有料版を与える(無料版だと広告とかが出て来て間違って触ったりするので)
フランス語、算数、その他ロジック的なものを勉強できるフランス語系のアプリセットも買ってみたがイマイチで返品してしまい、現在新しいアプリを検討中。

長男は算数的なものをやらせるとフランス語で考えていることがわかって興味深い。すでにフランス語で数学的なものを考えているのかぁ〜

家にいるときは、長男と次男はほぼ一緒に遊んでいます。ママやパパに遊んで〜、と来ることはずいぶん減ってきた。可愛い盛りの二人です。



2週間泳ぎを習いにプールに通って「12,5m泳げるようになりました」という証明書をもらった長男(矢印)。泳ぎが安定してきたので、一人で泳がせても安心して見ていられるようになりました。






0 件のコメント:

コメントを投稿