2017-12-09

マルセイユでインドネシア料理 ubud -210

久々のブログ更新です。最近仕事をはじめてSNSを頻繁に使うようになったらブログに何を書けばいいのかよくわからなくなり、しばらく放置となってしまいました。世の中インスタ、フェイスブック、ツイッター、と使ってさらにブログ書いている人もいるんですよねぇ。いい使い分けが今だに思いつきません。。

さて。ある日、インドネシア料理をどうしても食べたいからつきあって、というアツイ義父のリクエストに、お供として夫と私も連れ立ち3人でマルセイユへ行ってきました。アジア料理に餓えている私にはいい話♪ubudと言うレストランのランチタイムのフォトログです。

店内のテーブル席の様子。
バリスタイルのレストラン、なので緑が多くて落ち着く空間です。

窓際の席。窓が大きくて自然の採光で明るいです。

ランチは日替わりメニューのみ。14,5ユーロで前菜と主菜、もしくは主菜とデザートの2品がつきます。
メニューを渡されて数字を自分たちで横に記入するスタイル。

テーブルにも小さな植物の鉢が置いてあって和みます。

今日はインドネシアビールBINTANGがお供の飲み物。


前菜の鶏肉とワケギと玉ねぎのネム(春巻きのような感じ)

マンゴーサラダ

主菜の鶏肉のグリルにソースがかかったもの


牛肉を醤油でとろみをつけて煮込んだもの
と書いてありましたが、醤油だけじゃなくてココナッツミルクのような何かクリームが入っていたと思います。
醤油の味はするけどいわゆる日本の照り焼き見たいな味とは違う新鮮な味付けで美味❤️

デザートには、パンダンという葉を使って緑にしたパンナコッタ。ココナッツが入っていて、マンゴーのソースがかかっています。

外観はこんな感じ↑で、「スタイリッシュ」と言う言葉がよく似合いますね。

予約だけで満席のこともあって入れないこともあるので予約して行った方が確実です。お店の方もとても親切でした。

Restaurant indonésien UBUD à Marseille
8 Rue Loiuis Maurel
13006 Marseille
最寄りの地下鉄の駅 : Castellane

サイト: https://www.ubud-marseille.com

かなり久しぶりに食事目的でマルセイユの町中に行ったのですが、ずいぶん綺麗になりましたね〜。以前バルセロナに住んでいたので、「同じくらいの規模の海沿いの町なのになぜこうも違う?フーリガンの聖地だし、カラシニコフ銃撃戦とかあるし、暗くて汚い印象が嫌ねぇ」と思っていましたが、最近少し印象が良くなってきています。

どうしてそこを汚いままにしておく?と思うところもまだ沢山ありますが、そこはまだ改善中の十分にある伸びしろのある町だから。町独自のチャームを生かして発展してきそうな気がします。マルセイユの地位が少しでも向上しますように。頑張れマルセイユ!